生地にダメージがあるとシミも取りにくくなりますのでムリは禁物ですよ

水洗いが出来ない表示のお洋服をお家で洗うとかなりのダメージを受ける事があります

はい、お洋服に汚れが付いてしまった時には、もちろんその汚れを取る為にお洗濯をするのは当然の事ですよね、でも、その時に気を付けて頂きたい事があります。

お洋服にはどうやって洗うかの説明書の様なお洗濯表示がついています、その表示の中で×の付いている洗い方はしない様にするのが1番安全ですので、それを参考にして洗って頂ければと思います♪

あとは、汚れを取る時に必要以上にお洋服を削ったり擦ったりしてしまうと、傷んでいる生地に余計な負担を与えてしまいますので無理は禁物です。

おはようございますオノウエです。
生地に対して出来る行為は、叩いたり、揉んだりまでです。

衣類にダメージがなるべくいかない様に極力気を付けて下さいね♪

 

生地にダメージがあるとシミも取りにくくなります

せっかくシミが取れたとしても、お気に入りのお洋服の生地が傷んでしまっては元も子も無いですからね。
とにかく物理的ダメージを与えて、シミや汚れを取る方法は避けましょう。

揉むも叩くも水や洗剤や薬品を生地に浸透させる為、もしくはタオルで挟んでタオルにシミを移すときに有効な手段です。

決して物理的なダメージで、シミを取る為にする行為ではありませんのでお気を付け下さいませ。

もしも色が抜けてしまったら、特殊技術の色修正により無くなった色をもう1度入れる事で見えにくくする事は可能です。

捨ててしまう前に今1度ご相談下さいね~♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。