お家でドライマーク用洗剤を使ってもドライコースで洗ってもそれは普通に水洗いなのです

お家のドライマーク洗い(手洗いコース)はドライクリーニングではありません

はい、何回かお知らせしている事なのですがブランド品のウールのお洋服をお家でお洗濯した時に、色が出てしまったと言うご相談をお受け致しました。

そのお洋服にはドライクリーニングのみしか出来ないと表示されておりました。

お洗濯表示にドライクリーニングが〇のマークしか書いていないお洋服の場合は、ご家庭で洗いますと縮んだり伸びたり色が出たりとお洋服に弊害がおきる場合があります。

お家でドライマーク用洗剤を使っても同じ事なんです。
お家ではお洗濯に水を使って洗いますので、その時点で水洗いなのです。

ですのでお洗濯表示に水洗い×のマークがある場合のお洋服はドライマーク用洗剤を使ってもお家でのお洗濯をすると縮んだり伸びたり色が出たりすると言う事なんですね。

クリーニング屋さんのドライクリーニングでは水の代わりにドライゾールと言われる有機溶剤を使用致します。
クリーニング屋さんのドライクリーニング溶剤は水では無いんですね。

ドライクリーニング用に特別に精製された油の様なドライゾールと言われる有機溶剤で洗うお洗濯の事をドライクリーニングと言います。

おはようございますオノウエです。
水を使わずに水分や水気がないからドライなんですね♪

 

水洗いが〇のウール製品は水でもデリケート洗いで洗えるお洋服です

最近のウールのセーター等でも、水洗い○ドライクリーニング○と言うお品物はドライクリーニングも出来るし水洗いも出来る様に想定して作られたお洋服ですので、ご家庭の洗濯機でのドライマーク洗い(手洗いコース)でのお洗濯に対応しています。

しかし、
安心は出来ません。

水洗いと言ってもイメージは、洗濯機で下着等と一緒にガンガン回してお洗濯するのではなく、そのお品物だけでプカプカ浮いていてクルクル回ってる柔らかい様なそんなイメージです。

それでも、過度な力のかかった洗い方ですと弊害が出る場合もありますので、縮んだり色が移ったり風合いが変化する前に長時間水に浸けずに、水から素早く出して軽く脱水して平干しすればその弊害は少なく済みます。

実はクリーニング屋さんでは、昔からウールのお品物でも水を使いお洗濯はしていました。

先ほどのご説明通りに洗濯機でガンガン回すのではなく、機械力を出来るだけかけずに洗剤力と温度と時間で、洗浄力を調整するウエットクリーニングと言う方法です。

イメージではお洋服をお風呂に入れる様な漬け込み洗浄型のお洗濯の方法です。
今のご家庭でのドライマーク洗いと似ているのですが、プロの仕事なのでやっぱり差があるんですね。

と言う事で、お家でのお洗濯に不安な方はご相談下さいませ♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。