ちょっと出っ張っているキャップのエンブレムの部分には意外と毛玉や汚れが付きやすい

意外に汚れる白いエンブレムお気に入りのキャップもキレイに出来ます

はい、どんなお洋服でもそうなんですがちょっと出っ張っているエンブレムの部分は特に触れる事も無いのに意外と毛玉や汚れが付きやすくだんだんと黄色くなってきたり致します。

見てしまって一度気になりだすともう止まりませんよね~!
何とかしてキレイにしたいって。

クリーニング屋さんにしみ抜きをお願いする場合には特にキレイにして欲しい場所はしっかりと伝えてキレイにして頂きましょう♪

おはようございますオノウエです。
もしも色褪せたりしても復活させる事が可能かも知れませんのでご相談下さいね♪

 

キャップをご家庭で洗う場合には型崩れに注意致しましょう

ご家庭のお洗濯でキャップを洗う事はありますでしょうか?
基本的には洗える表示のキャップは少ないのですが、洗える表示が付いている場合は洗う事が可能です。

水より人肌ぐらいのぬるま湯を洗面器に一杯に溜めて、中性洗剤を表示された適性使用量の半分ぐらい入れて完全に沈んでいる状態で10回ぐらい上下します。

濯ぎも同じく水で10回ぐらい上下します。

後はキャップにタオルを丸めて詰め込んで形を整えてから、その上から挟むようにして別のタオルで水分を取ります。

その後は平干しネットで平干しするのですが、干す時にまた新しいタオルを丸めてキャップに詰め込んで形を整えた状態で干します。

そういたしますとキャップの型崩れを防げます。
ちなみに平干しネットは百円均で売ってます。

干す時には直射日光の当たらない風通しの良い所で乾かす事。
1時間経ちましたらタオルを取ります。

そして完全に乾くまで待ちます。
そんで出来上がり♪

でもやはり手間がかかりますよね。

自分でしている時間が無いとの事でしたら、ぜひぜひしみ抜きも受け付けている信用の出来るクリーニング屋さんをご利用下さいませ♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。