お洋服にキッチンハイタ―を使うと生地を溶かしますのでエライ事になります

落ちないシミなので取り敢えず塩素系漂白剤というのはやめましょう

はい、まず勘違いされやすいのですが、塩素系の漂白剤は万能で最強の洗剤で「何でも取れる汚れ取り」と言うイメージがあり、非常に勘違いされやすくそう思っておられる方も意外と多いと言う事です。

確かに何でも白くしてしまうイメージはありますが、その白くするプロセスに問題があります。
実は生地や糸や色を破壊して白くいたしますのでお洋服に使用すると大変な事になるのです。

塩素系漂白剤を使用してのご家庭でのお洋服のトラブルは増えて来ています。

塩素系の漂白剤は魔法のしみ抜き剤ではありませんので「取り敢えずシミが取れないから漂白する」という考え方は危険です。

ですのでその前にクリーニング屋さんにご相談下さいませ。

おはようございますオノウエです。
漂白剤は間違った使い方をするとお洋服の変色や生地の劣化を招き、お洋服の寿命を著しく低下させてしまいますのでお気を付け下さいませ。

 

塩素系の漂白剤で色が無くなると糸が溶けてしまい糸がツルツルの状態に

ええ、塩素系の漂白剤を使用して色が無くなってしまいますと、糸が溶けてしまい糸の表面もツルツルの状態になり色掛けと言う色を足す技法でも糸の表面がツルツルなので色が滑ってしまい上手く色が乗らない場合があります。

それでも出来るだけ色を定着させてある程度治せるお洋服もあれば、ある程度も満足のいくほど治らないお洋服も実際にはあります。

ウールなどの起毛のお洋服の場合には毛が溶けてなくなったりも致します。
溶けてしまった起毛や生地や糸は残念ながら元には戻せません。

塩素系漂白剤はクリーニング屋さんでは市販の薬品とは違う物を使う場合もありますが、それも最後の最終の手段になります。

先に使ってしまうと使う順番を間違った場合には取れるシミも取れなくなってしまう場合もありお洋服に弊害が出てしまうんです。

もしも塩素系の漂白剤を使おうと思った時には、一呼吸おいてその前にシミ抜きをしている信頼の出来るクリーニング屋さんに先ずはご相談下さいね。

決してそれからでも遅くはありませので、イチかバチかの選択?洗濯?
はしない様に致しましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。