車の後ろに立つ時に排気マフラーのススに気を付けてね

IMG_20150109_160001

 

車の後ろに立つ時は要注意

はい、寒くなってきましたね、僕はすでに今からダウンジャケット装備です。
真冬には、インナーダウンの上に、ダウンジャケットを着よう(笑)

 

でも、いくら寒いからと言って、車の後ろのマフラーから出る温かい排気に当たって、

『暖か~い♪』

とか、言うてる場合ではございません。

 

今の車は、比較的に排気マフラーが下向きに付いていますが、タクシーや、外車や、RV車は、ちょうどパンツにススが付くマフラーの位置の場合が多いのです、気を付けてね。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。
まあ、車の後ろはそうでなくてもキケンですよね!

 

IMG_20150109_155621

車のマフラーからは何が付くの

はい、それはミックスされた汚れです。

 

【ミックス汚れ】

ミックス汚れとは、3種類以上の成分が混じり合って付いている汚れの事。

特に、普段から清掃しにくい部分に挟まれるといった状況で、

圧力がかかった場合や、車などの排気口の近くにいると付きやすい。

※のぼっち語録より引用

 

 

排気ガスの成分は、ススや油などや固形の粒子物質の他に、温度もある程度あり、衣類の変色の原因でもある、窒素酸化物のNOxガスも含まれています。

さらに、雨の日や洗車後の状態なら、水分も混ざっております。

 

そりゃもう、お家では落ちにくい汚れが満載ですね。

 

そして、ヘタにいじるとススの細かい粒子が繊維に入り込んで、取れなくなってしまう場合もあります。

ですので、プロのしみ抜きでも、ひざ下のカーボン系のスス汚れは、一発目の処理が大事なのです。

カーボン系スス汚れがまだ、衣類に浸透していない状態ですと比較的に、キレイに落ちます。

 

IMG_20150109_155552

 

お気に入りなので失敗はしたくない

そんな、自分で洗濯して失敗するのがイヤな、お気に入りのお洋服であれば触らずに、クリーニング屋さんに相談致しましょう。

 

まだ、繊維の奥に入り込んでいない状態。

生地の上に、汚れが乗っている状態なら、シミ抜きの出来るクリーニング屋さんで、しっかり落としてもらえるでしょう。

 

もし、自分で洗濯して汚れが取れていなくても、相談して下さいね。

 

ももちろん、シミ抜き修復師のオノウエもキレイに致しますよ♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。