長時間放置していたバッグや靴や革製品にカビが発生してしまっていませんか?

カビの生えてくる条件ですがカビは必ず水分のある所で発生致します

はい、カビの生えてくる条件としては、カビは必ず水分のある所で発生致します。
湿気のある所にしかカビは存在出来ないんですね。

ちなみに、水蒸気などのすぐに消えてしまう様な霧の状態ではカビは発生致しません。

カビは水蒸気などの霧の状態では発生する事はありませんが、ひとたび結露等で水滴になってしまうとカビが発生する条件が整ってしまいます。

結露等の水滴になった水に、カビが酵素をかけて栄養分を取り入れる状況が出来てしまうのでカビが発生致します。

カビの酵素は水に濡れていないと反応出来ないから水滴が必要なんですね。

おはようございますオノウエです。
先日にお預かり致しました革靴ですが、何かしら水分が付いていたらしくその部分だけ部分的にカビてしまっていました。

 

カビを生やさない為には水分が発生しない環境にする事が大事

例えば、湿度が高い状態ですと外的要因等で冷やされたりした時に結露が発生致しますので、どうしても水滴が発生してしまいます。

ただ、こまめに換気して外気との気温差や局地的な水蒸気を押さえる事で、100%抑える事は出来ませんが結露の発生を少なくする事は可能です。

換気しにくい湿気の多い場所であれば扇風機やクーラーなどを利用して、空気の対流を作るのも1つの方法だと思います。

水分さえ発生させなければ、カビは栄養分補給する事が出来ませんので発生する事が出来ませんからね。
そうする事でカビが好む栄養源を少しでも少なくする事が出来ます!

例えばお洋服や皮革製品等をビニールの袋に入れっぱなしの場合も要注意です。
ビニール袋等は内部に温度差を作り、湿気を作る原因となるので必ず取って保管して下さいね。

カビがすでに生えちゃった場合にはクリーニングプロショップにカビ取りをお願いする時に、「カビのしみ抜きをお願いします!」と必ずお伝えして下さいね。

普通に洗うだけではカビの根までは取る事は出来ませんので、別料金がかかると思いますがクリーニングプロショップにおまかせ下さいませ。

もし色が傷んでしまい変化してもある程度は色を修正出来ますので、信頼の出来るクリーニングプロショップに是非ともご相談して下さいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。