特に気を付けたいお家でのお洗濯時のおしゃれ着洗い用の洗剤の使い方

※画像はイメージです

家庭用のドライ洗い洗剤でも使い方次第で色が滲んだりする事があります

はい、お家のお洗濯で使うおしゃれ着洗い用の洗剤ですが使い方によっては色が滲んだり他のお洋服に付く事があるんですね、実際にお家でのお洗濯でそんな経験ってございませんでしょうか?

よくあるご相談なのですがお家でのお洗濯でおしゃれ着洗いコース用の洗剤を使ったのにお洋服から色が出たと言うご相談があります。

特定の洗剤は特にございませんがいずれもドライマークのお洋服を洗えると書いてある液体洗剤です。

その色が出た生地は様々でウールやレーヨンもありポリエステルもありました。
すべてお家での水洗いが可能であると示す洗濯表示のマークも付いていました。

おはようございますオノウエです。
よくよくお話をお伺いしていると、コレが原因ではないかと言うケースの注意点が3つほどありましたので書いて見たいと思います。

 

①お洗濯時にお洋服に直接液体洗剤をかけて放置してはいけない

まず、お洗濯をタイマーセットする時には、特に直接お洋服に洗剤を掛けない様にして下さいね。
原因の1つとして、洗剤の原液が直接お洋服に付いた状態で長時間放置していた事が考えられます。

そういたしますと洗剤の濃い成分が、お洋服の色を動かしてしまうかも知れません。

 

②液体洗剤の入れ物を種類の違う液体洗剤を入れて使いまわさない

次に、最初はドライコース用の洗剤をボトルで購入し、その後はエコパックで購入されていると思います。
でもたまに違う種類の液体洗剤をそのボトルを使って入れたりしていませんか?

各メーカーによって成分も違う為に、少しでも混ざってしまうと思いもよらない作用が働く事もありますので必ず専用のボトルを使って下さいね。

違う種類のドライコース用の洗剤が混ざる事により、化学反応が起きて色が動いてしまう恐れがあります。

 

③先に部分的な処理をした場合には長時間放置しない

最後に、①の説明とよく似ているのですが、洗剤では無い薬品等を使って部分的に付いてしまったシミを先に取った後にそのまま放置して時間が経ってはいませんか?

ドライコース用の洗剤の事ではありませんが、これも洗剤の原液が付いての長時間放置とよくにており色が動く可能性があります。

シミを取ったら時間を置かずに直ぐに洗いましょう。

以上の事柄には特に気を付けてお洗濯を行いましょう

部分的な処理をシミ抜きした後には濯ぎもしっかりしておかないと、違う洗剤を使った場合は他の洗剤と混ざる事になりますのでそれも原因の一つになります。

いずれも実際にお家でのお洗濯で色が出た時の状態を聞いた事実です。

ほんの少しだけお洗濯の時に気を付ける事で、色移り等のトラブルを防ぐ事が出来ますのでお洗濯時には是非思い出して下さいませ!

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。