お洋服の毛玉取りに電動毛玉取り器を使う時にはその使い方に注意致しましょう

1番確実に毛玉が取れるのは電動毛玉取り器ですが使い方を間違えると実は危険なんです

ええ、一番確実にお洋服の毛玉を取る事が出来るのは何と言っても電動毛玉取り器です♪
でも、電動毛玉取り器を使えばどんな使い方をしても良い訳でも訳でもなさそうなんですね。

何故かと言いますと使い方によっては毛玉と一緒に生地も巻き込んでお洋服に穴を空けてしまう可能性があるんですね。

でも実はそうならない様にする為の方法は意外と簡単な方法なんです。

こんにちはオノウエです。
僕たちプロでも電動毛玉取り器は使用致します。
ただ、その電動毛玉取り器使い方一つで仕上がりが変わってくる事もあるんですね♪

 

 

毛玉を取る時のそのポイントは硬くない下地の上で電動毛玉取り器を使う事

例えばセーターを平らな面に置いている状態で電動毛玉取り器を使用致しますと、生地が凸凹している時にはその生地の部分を巻き込んでしまうんです。

そういたしますと糸が切れて穴が空いたり糸引きが発生致します。

ではそうならない様にする方法なんですが、ハンガーに掛けてお洋服を吊るしたままの状態で電動毛玉取り器を使用致します

先ずは左手の手のひらをそり気味に開いて下さい。
こんな感じですね。

IMG_20141127_114736

 

 

 

 

 

 

 

これは、何故そうしなくてはいけないのかと言うと、理由があります。
毛玉取り器やカミソリを使用して毛玉を取る時の一番の失敗の原因となるのが生地の巻き込みです。

机の上に置いて毛玉取りを使用したり床などの硬い下地の所で毛玉取りをしようとするから生地を巻き込むんですね。

衣類が動いてシワになっていたら引っかかって生地を巻き込んで一発でアウト!です。
なので柔らかな手のひらを下地にして毛玉取り器を使うのです。

IMG_20141127_114812

 

ポイントは時計回り反時計回りを円を描くように3回ずつ繰り返します

はい、ポイントはお洋服のこれから毛玉取りをする部分の裏側に手のひらを当ててその手のひらを下地にまあるく時計回り反時計回りを円を描くように3回ずつ毛玉を取ります。

あとは毛玉取りの場所を変えながら毛玉を取って行きます。
目に見えてムラなくキレイに取れて行きますよ♪

しかし、
この時に糸引きなどがあれば必ずニットのお直し(当店でも受け付けてます)で直してからにするか、糸を表から裏側に持って行き見えなくするか致します。

毛玉取りが出ている糸を巻き込んでそれこそ大変な事になってしまいますのでご注意を!!

優しく、まあるく円を描くように、たまに反対回りでもしてみて、毛玉を双方向から取ってしまいましょう♪

IMG_20141127_114757

 

 

 

 

 

 

 

はい、どうでしょうこの方法なら薄手のニットでもOKですよね。
実は毛玉取りしている時ってメッチャ毛玉がとれて気持ちいいんですね♪

ちなみにクリーニング屋さんにも毛玉取りのコースが有ったりいたしますので、自信のない方はプロにおまかせくださいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。