黒いコートの襟周りの色が変わっていたら捨てちゃわなくっても直せるんです

黒いコートを気に入って何回も着ていたら襟の部分が白くなった

はい、冬の間に大活躍したお気に入りのヘビロテのコートってありませんか?
その襟の内側の色は変になっていませんかね?

特に、真っ黒や真っ赤や真っ青等の原色で濃色のお洋服に多いのですが、着用した後でふと脱いだ時に襟元やそで口の部分を見てみたら何だか白っぽくなっていた。

こんな経験ってあると思います。
もしもそんな時にはどうされていますか?

実は結構な頻度で「どうせ直らないし」と捨てられたりする方が多いんですね。

おはようございますオノウエです。
特に濃色のお洋服の場合は淡色系に比べますと実は直しやすいんです!
っていうか直せます♪

 

お洋服の襟の色が部分的に変わっていても直せるんです

周りの方のお声をお伺い致しますとほんとに実際に多いのが、
「気に入ってたんだけどお洋服の襟の色が変わっていたから捨てちゃった」
ってお声をすごく聞いたりするんです。

襟の色が変わる原因は汗やスレにより色が徐々にハゲて行ってしまうからなんですね。

直すと言うよりは無くなってしまった色を足して元に戻します。
そうする事によって直るんですね。

と言う事で、気になる方はご相談下さいね~♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。