何回洗っても取れない黒い汚れは溶けない固形物質ですので漂白剤は効きません

何回洗っても落とせない最後に残った黒い汚れは漂白しても取れません

はい、お子様の靴下に付いている黒い汚れとかは何度洗っても中々取れませんよね。
学校の行事でお子様のお洋服に墨汁が付いてしまった事とかもヤッパリありますよね。

洗えばソコソコは綺麗にはなるのですが、黒い汚れは最後まで残ってしまう事が多いと思います。

実は、その残った黒い汚れのほとんどの場合は固形物質なんです。
要するに砂粒みたいなものです。

ですので当然に水や洗剤には溶けないので取れないんですね。
しかも、ミクロの大きさで繊維の隙間に入り込んでおりますのでそれがシミや汚れの様に見えるんです。

そんな固形の汚れは、まず始めの第一歩目の処理が非常に大事なのです。
黒い汚れの正体である、黒いカーボンやスス(炭素の微粒子)が生地の糸の中に奥深く入り込んでしまうとかなり厄介ですからね。

おはようございますオノウエです。
生地の奥深くにカーボンが入って取り切れなくなる前に、どうしても汚れやシミを落としたいお洋服なら出来るだけ早くシミ抜きのプロにお願いいたしましょう♪

 

もう取れないとあきらめていたすでにご家庭でシミ抜き処理済みの墨でも薄くはなります

ええ、どうしても自分で納得するまではアレやコレやと汚れやシミが取れるまでいじってしまいますよね。
でもそれは仕方がないと思います。

どうしても汚れやシミを取りたいんですもんね。
クリーニング屋さんに頼めばお金も掛かるし自分でシミ抜きをして、それで納得できるのなら取り切れなくても自己処理で十分ですよね。

ただ、どうしても汚れやシミを取りたいお洋服なら別です!
大事なお洋服なら、もう落ちないと感じた時点で触らない方が賢明です。

出来れば、汚れやシミが自分でやっても取れないなと思った時にはそれ以上は出来るだけ触らない事です!

生地が薄くなったり破れてしまってからではもう遅いですからね。
そのような大事なお洋服は、是非ともお近くの信用のおけるシミ抜きのプロである修復師におまかせ下さいませ♪

コチラの方から最寄りの修復師を探せます。
もう一度期待を叶える京技術修染会の修復師

ちなみにヘアカラーもシミとしての扱いは同じぐらい厄介ですので、触り過ぎる前かもしくは触ってしまった後でも直せる可能性はあります。

と言う事で、僕でよろしければこちらまでお問い合わせくださいませ~♪
「クリーニングISEYAのメールによる問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。