白くないお洋服に付いてしまったボールペンのインクはむやみに触らない様にして下さいませ

毎日あるシミ抜きのご依頼がボールペンのシミです

はい、シミ抜きの中では1番多いのは何といってもボールペンのインクが付いてしまったシミです。

よくありますのが、お子様がボールペンでいたずらをしてしまったり、胸ポケットの辺りに入れていたボールペンがポケットの中でインクが出てしまっていたり、ノック式のペン先を出したままでポケット周りにインクがついてしまった等です。

もし、ボールペン等のシミが毎日着ているシャツやブラウスに付いてしまったら、まずは素材の書いてあるケアラベル(品質表示)を見てみましょう。

白いお品物で、お家での水洗いが可能ならお家でシミ抜きして洗うのも、その仕上がりに納得が出来るのならアリです。

しかし、水洗いが可能でも白くないお洋服やテカリのある素材や、触りごこちが良い素材のお家でのシミ抜きはお勧めできません。

それは、白くない場合には色が褪せてしまったり致しますし、手触りが良いという事は糸が細く傷つきやすいデリケートな生地と言えます。

特に薄い茶系のお洋服は要注意ですね~
薄い茶色い色が直ぐに抜けてしまいますからね。

おはようございますオノウエです。
クリーニング屋さんではシミ抜き専用の機械やいろんな成分に対する専用の薬品がありますので、ピンポイントにそのシミを取る事が出来ますからお家では無理をしないで下さいね♪

 

物理的な力が加わるとシミ抜き処理時に傷や変化が起こりやすい

はい、シミや汚れが付いてしまったデリケートなお洋服は物理的な力が加わると、シミ抜き処理時に傷や変化が起きたりして色が抜けてしまったり穴が空いてしまったりする事もあります。

ボールペンのインクは現在では落ちにくいゲルインクが主流です。

ゲルインクは油性と水性の良いとこどりのインクであり、ペン先から出たら滲みにくく乾燥したら耐久性も耐光性も強くすごく取れにくいのが特徴です。

ですので衣類に付くとかなり面倒なインクなんですね。
なので、どんな方法を使ってもご家庭で完全に落とし切るのは難しいと思います。

さらに、1度シミ抜きして取れない状態ですともっと落ちにくくなってしまう可能性すら有ります。

先日には2軒のクリーニング屋さんでしみ抜きをしてもらった結果、全く落ちなかったので当店にシミ抜きをご依頼されるという事もありました。

もちろん落としましたよ♪

ボールペンのインク取りはシミ抜きの中でも代表的なシミ抜きですので、常日頃から勉強している経験と実績のあるプロでしたらほとんどの場合は落とせます。

もしも有料のシミ抜きでボールペンのインクが取れていない場合は、そのお店とは違うクリーニング屋さんでしっかりとボールペンのインクを落としてもらいましょう♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。