クリーニングしたのに後から黄ばんでくるのは取りきれてない汚れが原因

後から部分的に浮出てきた黄ばみは取りきれてない汚れが変化したシミ

はい、クリーニングしてクローゼットに直していたらお洋服の袖や襟元のレース部分が黄ばんでいた。
「黄ばみなんて直す前には付いてなかったのに!」何て事は経験ありませんか?

実はお洗濯した時の薬品成分が残っていた訳でも、後から何かが付いた訳でもありません。

一度洗った時にキレイに見えても、その時点でうっすらと残った取りきれていないシミや汚れは、時間や温度がかかる事により見えるぐらいに変化して顕著にシミが現れてきたんですね。

おはようございますオノウエです。
目には見えないのですが、取りきれていない汚れが原因ですので見える状態になったら迷わずシミは落としましょう。

通常のお洗濯では完全に落とせなかったシミは後から見えてくる

はい、黄ばみが出てきた衣類やインテリア類は通常のお洗濯では落とせなかったシミです。
浮き出て来て見える時点で、そう簡単にはシミが落とせない状態になっている事が多々あります。

それはシミが変化してしまっているからなんですね。
食べ物って腐りますからそれと同じ現象が、お洋服の生地の上のシミ部分で起こっているんですね。

こうなってしまうと漂白処理を行い浮き出てきた黄ばみを破壊しなければならないのです。

全体的な漬け込み処理をワイドハイタ―(酸素系漂白剤)等で行えば、お家でも黄ばみを落とす事は可能ですが気を付けないといけない事があります。

それはお洋服が水洗い出来るお洋服である事と色柄物で無い事。
あと濃色の生地や異素材の組み合わせによる生地などには、色等が変色してしまう場合がありますので注意が必要です。

ご自分で行う場合には是非プロにご相談してから行ってくださいませ♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。