セーターの襟ぐりは特に汚れやすく取れにくいのでムリはしないで下さいね

着用すれば必ず皮脂汚れが汚れが付着します

はい、一度でもお洋服を着用致しますと、襟元や脇の部分等の稼動する関節部分には直接お肌が触れているので、必ず皮脂汚れが汚れが付着します。

この汚れは時間が経てば経つほどに取れにくくなります。
時間が経つとその間にジワジワと温度がかかり空気と反応して色も変化してくる事もあるんですね。

その汚れはお家でのお洗濯は勿論、実は通常のクリーニング屋のクリーニング(ドライクリーニング)だけでは完全に落とす事も出来ません。

おはようございますオノウエです。
それを防ぐには水を使ったクリーニングコースのダブルクリーニングをクリーニング屋さんにしてもらいましょう♪

 

左側が色修正前で、右側が修正後です。

エリや袖口のお肌に触れやすい部分は特に色素がよく抜けたり変色してしまいます

 はい、エリや袖口のお肌に触れやすい部分は特に色素がよく抜けたり変色してしまいます。

汗は乾く事により目には見えない状態になります、しかし成分は残りさらに凝縮され繊維や染料にダメージを与え続けるのです。

その部分に起きている現象は、お洋服に付いた、皮脂汚れが酸化(リンゴの切り口の色が変色するのと同じ)して、色素を破壊してしまっているのです。

あと、色素にダメージの有る状態でのお洗濯も危険です。
お家のお洗濯で洗剤と一緒に漂白剤を使って漬け込んだら色が無くなったと言うお声も良くお伺い致します。

もしも色が変色したり無くなったりした場合にはそれ以上はムリせずにご相談下さいね。
ガンコなキバミでもシミ抜きすればここまで取る事が可能です。

もし、このような事態になればご相談下さいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。