もしも自転車のチェーンにお洋服を巻き込んでしまった時には焦らないでね

お洋服の裾を自転車のチェーンに巻き込んでしまったら先ずは落ち着きましょう

はい、先日は「街の電器屋さん」の販促実践アドバイザーである、友達のメオさんが遠い所お店にまで来てくれました♪
ズボンの裾が自転車のチェーンに巻き込んでしまったのでそのお直しのご相談としみ抜きのご依頼でした。

実はこの様なお仕事のご依頼は割と多くあるんです。

自転車に乗っている時にお洋服の裾をチェーンに巻き込んでしまい、チェーンの油汚れが付いてしまったと言うご依頼は男性の方でも女性の方でも意外によくあるご相談なんです。

今まででのご依頼ですと、パンツやスカートは勿論の事、コートやロングカーディガンやストールも巻き込んでしまいしみ抜きのご依頼がありました。

 

これからの季節ですと特に裾の広がったお洋服を着用する事が多くあると思うのですが、出来ればそんな時には自転車に乗る事はひかえるに越した事はありません。

ですが!
そうもいかないですよね~

そんな時にはどうしてもお出かけするのなら、裾が巻きこまない様に100均等で売っている髪留めのゴム等で裾を止める等の対策はしておいて損はありませんです。

それでも巻き込んでしまった時には先ずは慌てて引っ張ってしまう前に、巻き込んでしまってお洋服が絡んでしまっている場合にはタイヤを逆方向に回したりしてチェーンからゆっくりと取り外しましょう♪

おはようございますオノウエです。
それでも巻き込んでいる生地が傷んでいる事がありますので要確認ですね。

 

もしも巻き込んでしまった場合には出来れば直ぐにクリーニング屋さんに見てもらいましょう

例えば、生地が挟まってしまっている場合にはムリやりに引き抜いたりすると、生地が破けたり穴が開いたり致します。

しかも、巻き込んでしまったらその時には油汚れで傷が隠れていて見えませんが、油汚れが取れた時には大体の場合は数か所は生地にキズが付いていたり、小さい穴が開いている状態になっている場合が多くあるんですね。

それで諦めてしまいお気に入りのお洋服を捨ててしまう方も多くおられます。
でもですよ!
諦めて捨ててしまうその前にちょっとお待ちくださいませ!

そんな時には、もしも穴が空いていてもその穴の開いてしまっている場所によっては、目立たなくするリフォームや修理する事も可能な事があるんですね♪

ですので諦めてしまう前に、もしかしたら何とか出来る可能性もありますので是非ともクリーニング屋さんに一度相談して下さいませ。

お気に入りのお洋服は長く着たいですからね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。