防水と撥水の違いを知ってもっと加工を有効に使おう

133ef8964b41d042b135044bef57fa65_s

 

防水(ぼうすい)と撥水(はっすい)の違いってあるの?

はい、『撥水(はっすい)』と、『防水(ぼうすい)』は全く意味が違います。

何となくご存知かとは思うのですが、いざ説明するとなると、中々うまく言えないかも知れませんね。

 

言い方も効果も、よく似ている様に感じますが、実はこの2つはまったく違うのです。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。

知っていると、少し自慢できるかも知れない程度の微妙な情報ですが、知っていても損はありませんよ。

よく市販のスプレーには、防水スプレーとか書いてありますが、実はコレ撥水です。

 

 

『撥水(はっすい)』と、『防水(ぼうすい)』

 『防水』 とは


基本的に、水をまったく通さない生地などの事を言います。

例えば、ビニールで出来ていたり、コーティングやフィルムを接着
したりして、空気も水もまったく通さない様な生地等がこれに当たります。

ですが、最近ではごく一部のメーカーで、特殊なフィルムを使い、
空気だけは通す事も出来る特殊素材もあります。

『防水』は、生地自体が水を通さない元々の効果なのですので、
後付けで付ける事は出来ません。

防水の製品に、撥水加工をすると水を弾く感じになりますので、カビや
水垢などが気になる方には、防水製品の撥水加工も意味があるでしょう。

 

 

 『撥水』 とは


加工すると、水は通しませんが空気は通します、要するに、
通気性があるんですね、だから蒸れません。
 
 その上、何時でもどこでも、好きな時に加工が可能です。
 
『撥水』は、後から対象の品物に効果を付ける事が可能なので、
車で言うとワックスを付けて、水を弾くような感じです。

『撥水』は水を弾きますので、本来水が浸みこんで
しまう生地などには、水も汚れも浸みこみにくいので、
イコール、汚れが浸透しにくいんですね。

ですので、お気に入りのお洋服には撥水加工オススメなんです。

因みに、自然界の植物等は、細かい起毛の上に水が乗って転がる
為に水を弾きます。

最初から、自然界の撥水のこの構造に良く似た製品もある様です。

 

IMG_20150118_185650

 

超撥水と言われる状態

水が完全に、水玉状態になっています、この状態を、『超撥水』と、言います。
この状態になった水は、パタパタと払うだけで簡単に取れます。

 

さらに、市販のスプレー等で加工を行った場合は、熱を加えることでその効果をもっと発揮します。

例えば、スプレーし終わった後に、ドライヤーで熱風を少し離したところから、軽くあてるだけで、十分に効果がアップします。

この効果倍増方法は、以外に知られていません。

 

でも、スプレーしながらすると爆発の危険性があり、危ないので絶対にかけ終わってからしてね。
(自己責任でよろしくです)

 

イイことずくめの撥水加工にも弱点はある

ええ、成分がフッ素樹脂やシリコーン樹脂を含むので、誤って吸い込んでしまうと体に良くありません。

後乗せサクサク効果ですので、長持ちは致しませんし、沢山スプレーをすると生地の風合いを変えてしまいます。

 

さらには、水分を弾く許容範囲を超えると、水玉では無くベトッとした状態になり、水が浸みこんでもきます。

 

でも乾くと、また効果が蘇ります。
クリーニングすると、その撥水効果はリセットされます。

 

この様な、後付け効果のスプレー類の加工は、上塗りを繰り返さないでクリーニングは定期的にしないと、脱色の原因になるので気を付けましょう。

 

撥水する方が、アウターや靴やカバン等のお気に入りは、汚れずに長く使えますよ♪

ではでは~

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。