ネクタイのお手入れクリーニングはしていますか?長持ちさせるにはシッカリとメンテナンス致しましょう

クローゼットにネクタイを保管中に無かったハズのシミが出てくる事なんて実はあるんです

はい、よく頂きますお問い合わせのご相談に一つにありますのが、「ネクタイなんですけど洗えますか?」と言うご質問です。

もちろん答えはイエスなのですがこの様なご質問を頂くと言う事は、ネクタイは洗えない、もしくは洗わない物だと言う認識が広まっているからなのだと思います。

その原因の一つにお家では中々洗えないと言う事があります。

ネットで検索すればネクタイの洗い方がわんさかと出てきますが、洗った事のある方ならご存知かと思いますがどの様な方法を使ってもほとんどの場合はまあまあ大変な事になります。

あと多いご相談が前に少ししか使っていないネクタイを直していて再び付けようと出してみたら、直す前には付いていなかったシミがいっぱい付いていたと言う事です。

それは、目に見えない汚れが付着している状態での保管が原因なんです。

おはようございますオノウエです。
目には見え無くても取り切れていない水溶性の汚れが残っていると、環境によっては保管中にシミになって後から浮き出てくる事があるんですね。

 

o0450045013410982608

浮き出てくるシミの原因は取り切れていない汚れやシミが変化するからなのです

保管中に浮き出てくるシミの原因の1つには、取り切れていない汚れやシミがクローゼットの内部で湿度や湿気や温度によって変化すると言う事が挙げられます。

時間が経つ事によっていろんな条件が重なりシミなどで汚れている部分の劣化が促進されるんですね。
しかし、クローゼットに入れる前には目には見えないぐらいの汚れやシミなのでその時には全然分かりません。

ではどの様に対策を致しましょう?

この状態が発生するのを予防するには目には見えない汗の成分や水溶性の汚れやシミを、目に見えて付いているものと仮定してクリーニング時に落とす必要があります。

ただ、ネクタイは大半がシルクなどの水に弱い繊維で出来ておりますので、基本的にネクタイは水洗いには適していません。

ですので、クリーニング屋さんでの特殊しみ抜きコース等を頼んでみて下さいね。

o0450045013410982610

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラのネクタイは特殊な洗浄方法の弱い水洗いによるウエットクリーニングと特殊シミ抜きと色修正によってキレイになりました。

何年も前のシミや他のクリーニング屋さんで取り切れなかったシミの場合には生地の色までも壊してしまっている可能性もあります。

そんな時には無くなってしまった色を足す技術である色修正にて、ある程度は元の状態に近づける事も可能ですのでご相談下さいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。