お洋服に汚れがている時間が長いと汚れが育ってしまい色や生地を徐々に傷めてしまいます

着た後にお洗濯か?着る前にお洗濯か?どちらがいいのでしょう

はい、例えばですが肌着は直接お肌に触れますので汗や皮脂汚れが付きやすいです、その為に「今日はお洗濯するのは止めておいて明日にしようっと♪」なんて事にはなりませんよね。

実は肌着ではなくてもお肌が直接触れる部分は必ずあります。

例えば袖口や襟元等も皮脂汚れやファンデーションが付きやすい部分です。

そのお洋服ですが、そう考えますと来年のシーズンが来て着用する前にクリーニングすれば問題ないとは言えませんよね。

おはようございますオノウエです。
そこで考えるポイントは「汚れている時間」なんですね♪

 

「汚れている時間」が長いと生地に付いている食べこぼしのタンパク質等が温度と時間により変化してより取れにくいシミを育ててしまうのです

という訳で、クローゼットに置いておく時間が長い時には必ず先に洗ってしみ抜きしてから保管いたしましょう。

結論

「着たら洗う」

お洋服を長持ちさせたい場合なら「着たら洗う」という事を心掛けて着た後すぐにクリーニング&シミ抜きを行いましょう。
それから保管ですね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。