1度しか着用していなくてもほとんど着用していなくても時間が経つと襟元や袖口は黄色くなります

着用時の状況にもよりますが襟元や袖口に皮脂や汗の成分が少しでも付いているとそれを取らない限りその皮脂や汗の成分が劣化していき生地を変色させていきます。

はい、お気に入りでヘビロテのお洋服でも、そんなに着用していないけど洗わずにクローゼットの中に仕舞ってあるお洋服でも、襟元や袖口をよく見ますと黄色や茶色に変色している事はよくあります。

「ほとんど着ていないのに??」

そう思われるかも知れませんが結論から言いますと着用後に長時間そのままにしておりますと襟元や袖口は黄色くなります!

ほとんど着ていないと言う事は言い方を変えますと1度でも着用はしていると言う事です。
ちなみに1度も着用していないのであれば襟元や袖口は黄色くなりません。

って、着用しなければ汚れないってこんな事は力説するまでもないですよね(笑)

おはようございますオノウエです。
しかし変色の頻度はもちろん着用時の状況にもよりますよね~

襟元や袖口に皮脂や汗の成分が少しでも付いておりますと、それを取らない限りその皮脂や汗の成分が時間をかけて劣化して生地を変色させていきます。

 

茶色や黄色に変色してしまった襟元や袖口の生地はそう簡単にはお家では直す事が出来ませんのでプロにお任せ下さいませ

まず、直接お肌が触れている様な襟元や袖口の場合には必ず皮膚の皮脂汚れが少なからずとも付着します。
皮脂や汗の汚れはそのままにしておくとリンゴの切り口の色が変色するのと同じ様に茶色や黄色に変色します

人って襟元や脇の部分等の稼動する関節部分には必ずと言っていいほど汗を掻きますよね。
そこに汗の成分が付きます。

その汗の主成分である水溶性の汚れは通常のクリーニング屋さんのドライクリーニングだけでは完全に取り除く事がどうしても出来ません。

そしてそのまま時間が経つと変色等が発生致します。

それを防ぐには、水を使った特殊なクリーニング屋さん専門の洗い方で水溶性の成分もお洋服から取り除けてしまう、「ダブルクリーニング(ウエットクリーニング)」をクリーニング屋さんにしてもらいましょう。

もちろんお家で水洗い出来るお洋服なら、ダブルクリーニングをする必要はありません。
その場合にはむしろ油汚れに強いドライクリーニングの方がお家で取り切れなかった油汚れを取る事が可能です。

部分的に気になる場合には、クリーニング屋さんの「シミ抜き」で気になる部分を重点的に取って頂きましょう♪

 

 

部分的にシミ抜きすれば、この様に茶色のシミや黄色い変色等を取り除きます。

汗や皮脂汚れは見た目には分かりにくいですが、時間が経つと皮脂汚れや汗が変化して目に見える様になりますので早めの対応で生地にダメージが蓄積する前に取り除いてしまいましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。