袖の裏地が白い場合には特に汚れておりますと目立ちますのでお時間のある時にはシミ抜き致しましょう

特に水洗いができないお洋服の白や淡色の裏地は要注意です

はい、お家では水洗いが出来ない裏地付きのジャケットやコートは基本的にはクリーニングに出したとしても、特別なコースでない限りはドライクリーニングになりますのでその場合には水は使用致しません。

しかし袖裏に付くのは皮脂汚れです。
皮脂汚れとは体から出る脂と汗の混ざった汚れです。

脂の方はドライクリーニングで取り除けたとしても、汗の汚れは少しの塩分とそれ以外のほとんどが水溶性(水に溶ける)の汚れなので水を使用しないといけないんですね。

でも全体的に水を使用すると元々は水を使ってはいけないというお品物の場合でしたら縮んだり等の弊害が出ます。

そこで!
部分的に襟元や袖口を綺麗にする部分シミ抜きが有効なんですね!

おはようございますオノウエです。
白い裏地だと特に気になりますから早めの処理が生地も傷みにくくダメージも少なめで取れますよ♪

 

 

汚れをそのままに放置致しますと白い裏地の変色だけでなく濃色の裏地なら色素が傷んで色移りや色抜けの原因になる事もありえます

ええ、汚れはそのままの状態で時間が経ってしまうと変質して、白い生地なら茶色や黄色に変色させたり色柄物の裏地ですと色を破壊して色抜けや色移りの原因を作ります。

汚れを取ってみたらその下の色が薄くなっていた!
何て事も実際に起こるんですね。

色は一度傷んでしまいますと洗った拍子に色が滲んだり柄が薄くなってしまうのです。
そうなってしまいますと、染色補正等の特殊技術を使わないと治らない状態に陥ります。

ですので淡色の部分が少しうす茶色や黒っぽくなってきましたら、しっかりとクリーニング屋さんで汚れている個所を伝えてキレイにして頂きましょう。

汚れを取ると言う事はお洋服を長持ちさせる事にもつながりますからね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。