そろそろ梅雨時ですが自転車でも徒歩でも泥水の水たまりの泥はねにはご注意くださいませ

泥水の取れない汚れのメインとなりますのは水にも油にも溶ける事のない砂粒です

はい、必ず知って頂きたい事なのですが泥水の成分には水は勿論の事、クルマの排気ガスのススや油であったり自転車やバイクのタイヤカス等の細かいゴム等があります。

そしてもちろん土の砂も混じっています。
そこで水や油は取り除く事は可能ですが一番厄介なのは砂やススやゴムなどのミクロの固形物の汚れです。

これらは水にも油にも溶けない固形の物質ですので、一度生地の繊維の奥深くに浸透してしまいますとお家での洗剤を使用したお洗濯でも漂白でも落とす事は出来ません。

砂粒ですから洗剤でも溶けないし漂白剤でも取れません。
色素でもないのでそら消えませんよね。

おはようございますオノウエです。
そうなりますと出来る事と言えば物理的に取る事です。

 

洗う前に乾かしてからひと手間を行う事でお洗濯での落ち方がかなり変わって来ます

実は水にも油にも溶けない固形物質ですので一番効果がありますのは、物理的にダメージを与える事なんですね。

だからと言ってゴシゴシと擦ったりすればいい訳ではありません。
そんな事をしてしまったら固形物質をより細かく砕いてしまい、繊維の奥深くまで浸透して余計に取れにくくなってしましますからね。

先ずは!
シッカリと乾燥させてから泥汚れが薄くなるように叩きます!
泥は乾いている内に出来るだけ取るのが理想です。

泥などの固形物質は、乾いている状態の場合のうちに叩くと言う物理的効果を与えてあげれば生地から剥がれやすく取れやすいのです。

それからなら水洗いすればかなりの汚れ落ち効果が得られます。

泥も花粉も水を含むと余計にはじけて小さくなりますので生地の目に入ってしまい取れにくくなるのです。
なので最初から濡らしたりして水は使わない事が重要です。

ドロが水分を含んで濡れていたら完全に乾いた状態にしてからブラシで叩いて落とすと言う事を覚えておきましょう♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。