取れにくい赤いインクと思っていたけどその正体は実はハンコに使う朱肉かも知れません

ボールペンのインクよりさらに取れにくいのがハンコの朱肉なんです

はい、ボールペンのインクだとお家でのしみ抜きでも取れたり薄くなったりするのですが、何をしても全く動かない赤いシミもあるんですね。

それがハンコなどによく使われている朱肉です。
よくありますのがポケットに入れたままで忘れていて、そのままお洗濯してしまいお洋服に付いてしまったケースなどです。

特に手触りが良い衣類は糸が細く傷つきやすいデリケートな生地ですので、一度インクが染み込むとお家で取る事はおろかクリーニング屋さんでもかなり困難になります。

インクを落とすのに漂白剤などを使用した衣類はインクが落ち切れなかった場合には、インクが生地に定着してしまい極端にインクを落とせる確率が減ってしまいます。

おはようございますオノウエです。

でもご安心を。

プロのクリーニング屋さんではいろんな成分に対する専用の薬品がありますので、ハンコの朱肉もピンポイントにそのシミをほとんどの場合は取り除けるんですね♪

 

もしも自分でやってみて2回目のチャレンジで落ちそうになかったら触らない様にしてプロに見てもらいましょう

取れないシミをクリーニング屋さんに持ってこられた状況の大体の場合は、まず洗剤の原液を付けて擦ってから洗ってみたり、その後に酸素系漂白をしたりする場合が多くみられます。

酷い状態になりますとシミが広がっていたり生地の地色が薄くなってしまっていたり致します。

中でも一番問題になってしまうのはお洋服に塩素系漂白剤を使用してしまい脱色や変色を起こしてしまっている事です。

最初の2回目ぐらいのチャレンジで取れない場合にはその後は何をしても取れない傾向がありますので、2回目のチャレンジで押さえておく方が余計なダメージを生地に与える事無くクリーニング屋さんのしみ抜きでは取る事が可能です。

シミ抜きの実績があるクリーニング屋さんで「有料シミ抜きで」と伝えて下さい。

クリーニング屋さんが使っているシミ抜きの薬品には、お高い物や特定のシミに特化したシミ抜き剤やシミ抜き専用の機械等があります。

常日頃から勉強している経験もあるプロが使用致しますので、お家では落とす事の出来ないシミをキレイに取る事が出来る訳です。

近くにクリーニング屋さんがない場合にはクリーニングISEYAのオノウエにお声かけ下さいませ。
「お問い合わせフォーム」
大事な一品なら自分で触ってしまう前にまずはプロにご相談くださいね。

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。