時間が経った血液のシミはかなり取れにくくなりますので無理はしない様に致しましょう

長時間放置してしまったシミは酸化してしまうと取れにくく取れたとしても生地の色が壊れている場合があります

はい、どんなシミでもそうなのですが付いて直ぐのシミなら、直ぐにシミ抜きする事で殆ど取る事が可能です。
ですが時間が経過してしまうとかなり取れにくくなってしまうんですね。

それは付いてしまった汚れが酸化(腐食)して変化してしまうからなんです。

何時付いてしまったかの記憶にないシミの場合にはそのシミの付いた生地が色柄物の場合には色が弱ってしまっている場合がありますので要注意です!

おはようございますオノウエです。
今回お預かりいたしました様な、特に古くなった血液等は中々落ちにくい部類のシミでして地色まで酸化して壊れてシミを取るとシミと一緒に色がなくなっている場合が多いんですね。

 

突然ついてしまったシミは付いてしまったら何もせずにしみ抜きのプロにお願いすると殆どの場合は取り除く事が可能です

実はシミが付いてしまっても何もせずにしみ抜きのプロにお願いすればほとんどの場合(当社比99%)には取り除く事が可能です。

しかし取り敢えず緊急なので応急処置をする事もありますよね。

でもその場合には、皮肉にもよかれと思って行った応急処置等が、逆に繊維にシミが浸透してしまったりシミの性質が変化してしまったりして取れにくくなってしまう事もあるんですね。

でもそんな場合の落ちないシミと言うのは大体の場合は通常処理範囲内のしみ抜きでは落ちないと言う意味です。

特殊な薬品や方法を用いるシミ抜きなら殆ど落とす事も可能です♪

 

 

ですので他店で落ちなかったシミでも他の特殊な薬品や方法を用いる事で取れたりする事もよくあります。
もしも気になるそんなお洋服がございましたらコチラまでお声かけ下さいませ♪

「しみ抜き修復師オノウエに直接つながるお問い合わせフォーム」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。