修正液がお洋服に付いたらクリーニング屋に頼んでね

IMG_20150209_153244

 

修正液はお家では基本取れません

はい、修正液は当然、そう簡単には取れない様に作られています。

たまに、その性質を利用して、ワイシャツに付いた黒い汚れを、修正液で見えなくされている方もおられます。

 

ですが、そういった用途では修正液は作られておりません。

紙に対して使える様に作られていますので、使い方を誤りますと、修正液はお家では取る事が出来ませんのでご注意くださいね。

 

そこで、例えば間違って、修正液が付いてしまった時にはどうすればいいか、グーグルで調べてみました。

すると、

除光液を付けてゴシゴシしていたり、歯磨き粉を使って、歯ブラシでゴシゴシして見たりして下さい。

と、何処かの誰かの記事等に、書いてあります。

 

コレ生地を傷めるだけです。
物理的に削り取っているのですが、やり方が荒いです。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。
これでは完全には取れなかったり、もしくは、生地が毛羽立ってしまったり、色落ちしたりしてしまいます。

 

 

IMG_20150209_153329

 

修正液の成分

 

修正液

主成分:白色酸化チタン

白色の塗料や、絵具等の白色顔料として使われる。

一部の薬品に対してだけ溶けるが、水や有機溶剤には溶けない性質。

 

とあります。
取れない様に作られているのが、修正液。

 

しかし一部の薬品には溶けます。

チョット期待が持てそうですが、でも、その一部の薬品は強烈な性質を持っていますので、薬品をヘタに使うと、生地も溶けてしまいます。

 

そこで、クリーニング屋のしみ抜きでは、物理的なおかつ多少の薬品を使用して、落とします。

 

もし、自分で修正液のシミを取ろうとお考えの場合には、作業に費やす時間や、道具をそろえたりのコストや、失敗した時のリスク等を、考えると、ぜひ『しない方』が、お洋服の為にもお客様の為にもなります。

 

是非、お近くのしみ抜きの出来るクリーニング屋にお願いいたしましょう♪

ではでは~

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。