無かったハズのシミですが実は無い訳では無かった

0c3cf326025074959affec79a5b6d486_s

 

時間が経つと出てくるシミ

はい、無い無いばかりで読みにくいタイトルですが(笑)

いつでも、特に多いシミ抜きのご依頼があります。

『クリーニング店に出して、クローゼットに仕舞う前にはシミが付いていなかったのに、着用しようと思って出してみるとシミがあったんだけど、どうして?』。

 

そんなご依頼と、お声を本当に良くお伺い致します。

そのシミ、実は最初から付いていたんですが、見えなかっただけなんです。

 

実は、お洗濯では取り切れなかった無色透明の水溶性のシミが、時間が経過してクローゼットの中で色が出てきた訳です。

 

しかし、最初には当然見えなかったので、対処のしようも有りませんよね~、と。

そんな風に思われがちですが、見えないシミが出てこなくする方法があるんです。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。

ならば、見えないシミが付いてると仮定して、ドライクリーニングと水洗いを両方してしまいましょう♪

 

 

o0450045013254442743

 

後から出てきた濃い黄色のシミは、普通のお洗濯では取れません

ええ、例えば見た目は透明なジュースでも、味の無い水と違って色んな成分が入っていますよね。

ですので、その分が当然に空気と時間と、温度と湿度に反応いたします。

しかも、時間が経って浮き出てきたシミは、黄色にテカッた様に見えます。

そして、それは普通のお洗濯ではほとんど取れないので、クリーニング屋でシミ抜きしないと取れません。

 

o0450045013254442742

 

そうなんです。

 

空気と反応すると、シミが見える様になるんですね。

 

そして、主に反応するシミは、ドライクリーニングだけでは取り切れていない水溶性のシミか、お家洗いで取り切れていない、油溶性のシミなんです。

 

でも、予防は出来ます。

 

シミが付いてると仮定して、クローゼットに直す前に、ドライクリーニングと水洗いを両方してしまうのです。

 

水洗いと言っても、洗濯機でグルグル回すのではありません。

プロのクリーニングには、ウールやシルクでも水を使って水溶性の汚れも取る、『ウエットクリーニング』、と言う手法があります。

 

クリーニング屋にはそういうコースが有りますので、選んでお願いいたしましょう。

ええ、水溶性の汚れは、必ず水を使わないと完全には取れません。

 

たまに、『水を使わずに、水溶性の汚れも取れます!』みたいな、類似サービスが有りますので、ご注意下さいね。

その、『水を使わずに、水溶性の汚れも取れます!』という方法では、ほとんど水溶性の汚れは取れませんからね♪

 

あとファブリーズなんてもってのほかです。
あれ、洗ってませんからね(笑)

 

是非、クリーニングに出す前にはお気に入りのお洋服は必ずチェックして、
しっかりクリーニング屋の受付で、『水を使ったダブルクリーニングでお願いします!」と、伝えましょう。

ではでは~

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。