コーデュロイ製品はクリーニング頻度が低いので変色が起きやすい

22aae53385017aadb671109d9058b9cc_s

 

洗わないで時間が経つと変色します

はい、昔お父さんお母さんの世代では、コール天って言ってましたよね。

コーデュロイ素材は、黒板消し等にも使われていますが、もちろんお洋服では特に冬物に人気の素材です。

 

【コーデュロイ】

コーデュロイは、綿横ビロード織りしたパイル織物の一つ。

日本語のコール天は「cord」+「天鵞絨(てんがじゅう、ビロードの和名)」に由来する。

ベッチンと同じ織り方だが、縦うねが特徴である。保温効果が高いので冬服に使われる。

服を作る際にはブラシをかけた時に毛が起きるように逆毛を立てるように裁断をする。

日本国内では90%以上が静岡県磐田市(旧・磐田郡福田町)で製造されている。

参考資料:wikipediaより

 

それ故に、『寒いので汗をかいていないから』とか、『洗う時に水を使うと、感じが変わるから』等と言う理由で、実はほとんどクリーニングで水洗いをすると言う事をしていない事が多いのです。

ですが、冬では厚着で通気性の悪い事と、夏ほど水分も体に補給しない為に、濃度の濃い汗が出てくるんですね。

ですので、衣類に大敵である、汗の成分が残りやすいのです。

 

おはようございます、オノウエです!毎度!

冬の汗は汗を沢山かけばかくほど、濃度が濃い分成分中の塩分濃度は上がります。

 

衣類の大敵は汗の成分

ええ、汗は通常は弱酸性ですが、体調や環境によっては汗はアルカリ性に変わる事もあります。

アルカリ性に変わった汗が付いたままだと、色素が傷む為に変色の原因となるんですね。

そしてアルカリ性は色を動かしてしまう効果もありますので、色移りや弱い色が抜けてしまったりして、黒いジャケットのエリが赤く見える事が有るんですね。

ですので、水を使った早めの処置が必要です。

 

一日あたりで、成人の場合は900ミリリットル汗をかいていますので、この成分を取り除く為には、水を使ったクリーニングの方法をオススメ致します。

 

それでも取れないシミは、シミ抜きでお預かりいたします。

 

【事例:コーデュロイ素材のパンツ】

o0450045013295365071

 

完全に酸化した黄色いシミの除去です。

 

o0450045013295365073

 

見た目にはシミが発生してからかなりの時間が経過していると思われますが、キレイに取る事が出来ました♪

 

はい、こうなる前にクリーニング屋で、
『水を使ったダブルクリーニングでお願いします!』と、伝えましょう。

ではでは~

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。