お家でテンパった時につい使ってしまう『塩素系漂白剤』はキケンです

IMG_20141027_200131

 

分かっているハズなのについつい『塩素系漂白剤』

 はい、結構お洋服のしみ抜きや色移りに対して『塩素系漂白剤』を使ってはイケない事は、情報としてはすでにご存じの方も沢山いらっしゃいます。

しかしながら、それでもけっこう『塩素系漂白剤』を使ってしまい、お洋服をダメにしてしまっている方が多いのが現状です。

基本的によくある失敗が、ウール製品に使用してしまっているケースがほとんどです。

 

でもまあ、ついつい使ってしまうのは分かる気がいたします。

イメージ的に何でも、どんなシミでも『塩素系漂白剤』なら、なんとかなるんじゃないかって。

 

でも大概の方が、使った後に後悔して落ち込みます。
ええ、でも、もうすでに過ぎた事は忘れましょうね♪

 

まずは使う前に、『塩素系漂白剤』の容器の裏に書いてある説明をよく読んでみましょう。

使い方次第ではうまく行く事もありますが、『塩素系漂白剤』は扱い方が難しく、成分が残っていると茶色に変色する、『塩素ヤケ』も起こってしまうのです。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。
ご家庭では『塩素系漂白剤』は失敗の元になりますので、お洋服に使用するのは止めましょう。

 

a2a92d70fb2228c6f8c395805d9de02a_s

 

本当に真っ白にキレイになるのか

『塩素系漂白剤』は、綿や麻、ポリエステル、アクリルの『塩素系漂白剤』が使えるフラスコマークのある、白い品物にしか使えません。

良く使われているのが、食堂などで出されるオシボリにも使われています。
それらのお品物に使うと、除菌も出来てそこそこ白くなります。

 

あと、加工品のお洋服やお薬などの付いた状態で使用すると、変色致します。
繊維自身が変質してしまった変色は、もう元には戻らない場合があります。

使う時には、原液を水で10倍に薄めた液を目立たない部分につけ、5分ほどで変色するものには使わないでください。

 

と、これらの事は、実は全部説明書きにも書いてあります。

 

もし使う場合でもこのテストをしていれば、使ってはいけないお品物が分かります。

 

そして、
ウール製品には絶対に使用しないで下さいね。
溶けます!穴が開きます!!。

 

ちなみにエライ事になっても、早期発見ならソコソコは治る可能性はあるかも知れませんので、諦めて捨ててしまう前に、クリーニングのプロにご相談くださいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。