バッグの色がジャケットに移った場合にはどうしてますかね?

 

5236267638e1be2e2b8586854179cbd6_s

 

擦れて付いた色移りは取れるのか

はい、普段からバッグを持っている方は特に多く起こり得る事なのですが、シミ抜きでもよく受ける事のあるご依頼なのです。

 

そして、結論から言うとほとんど取れます。

でも、なぜ色が移るのでしょう?

 

はい、その原因はカバンの色が摩擦により擦れて、お洋服に移る為です。

おはようございます、オノウエですまいど〜♪

お洋服に付いてもほとんどの場合は、お洋服の表面に色が乗っかっている状態ですので、シミ抜きで取る事が可能です。

 

 

o0800080013262625715

 

色が付いてしまった時の対処法

ええまずは付いたら擦らない事、これ鉄則です。
色が表面に乗っているだけの状態なら、色は取れやすいのです。

ですので、問題なくキレイにシミ抜き処理ができました。

 

o0800080013262625716

 

染料は水分に弱く、顔料は強いです革の場合は顔料仕上が多いです。
ですので、その時の色がついた状況により色を取る方法も変わってきます。

色には染料と顔料と言うのがありまして、染料は粒子がモノすごく細かいので、水に溶けて対象物に浸みこんで色を付けるのです。

それとは反対に顔料は粒子が粗く、表面にペンキを塗る様な感じで表面に付いています。

 

染料は水に溶けるので、水などが掛かると弱くお洋服に色が移ったり致します。
顔料の場合は水には強いですが、劣化すると剥がれてきたりして、色が移ります。

 

いずれにせよ、表面に乗っかっている状態でしたら残らず取る事が出来る可能性が高いので、早めにお持ち下さね。

 

あわてて擦ったりしてしまうと、色が生地に浸透して取りにくくなりますので、ご注意を♪

ではでは〜

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。