汚れやシミを取ろうとして漂白剤を使ってしまうと色にもダメージが発生致しますよ

生地の色もダメージを受けたり漂白すれば落ちたり変色致します

はい、お家でお洋服に汚れやシミが付いて、それを取る為にお洗濯やシミ抜きを致しますよね。
そんな時についついやってしまいがちなのが、いきなりの漂白です。

汚れを取ってキレイなお洋服を着る為に行なった事が、逆に余計に傷口を広げてしまう事もあるんです。

特に色柄物のお洋服を扱う時にはその汚れを取る時に、必要以上にお洋服を削ったり擦ったり漂白して仕舞わない様にして下さいね。

衣類にダメージがなるべくいかない様に極力気を付けないと、かえって酷くなる事もありますのでイチかバチかのチャレンジは特に止めておきましょう。

おはようございます衣類の再生屋オノウエです!
もし、イチかバチかのチャレンジをするのならその前にご一報下さいね!

どうなってしまうかのリスク説明を致しますね~。

 

 

お洋服には塩素系漂白剤は決して使わないでくださいませ

ええ、最近のお仕事で大変増えてきましたのが色の修正です。
そのほとんどがお家で漂白剤を使用して、色が抜けたり変化したりしてしまった色の修正です。

しかも、そのほとんどの場合で使用されていますのが塩素系漂白剤です。

漂白剤の効果は科学的に作用して色を分解する効果です。
ですので当然に、色が付いた部分に使うと色は分解される訳です。

 

 

ただ、

もしも失敗してしまった場合には、特殊技術の色修正により無くなった色をもう1度入れる事や、上から色を付けて見えにくくする事も場合によっては可能です。

色がどうにかなってしまわない事に越した事はないのですが、なってしまったら仕方ありませんよね。
捨ててしまう前にゼヒご相談下さいませ。

お気に入りのお洋服なら復活させて、もう1度着てあげて下さいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。