お家のドライマーク洗いはドライクリーニングではないですよ

o0450045013172755440

 

ドライクリーニングはご家庭では出来ない

はい、お家ではドライマーク用洗剤を使っても水を使って洗いますので、それは絶対に『水洗い』なのです。

クリーニング屋のドライクリーニングでは、水の代わりに『ドライゾール』と言われる、有機溶剤を使用致します。

クリーニング屋のドライクリーニング溶剤は、水では無いんですね。

ドライクリーニング用に精製された油、『ドライゾール』で洗う、お洗濯の事を『ドライクリーニング』と言います。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。
水を使わないから『ドライ』(水分・水気が無い)なんですね♪

 

 

o0450045013357225553

ドラム式の洗濯機は見た目では似ていますががまったく違いますねん

ええ、コチラの画像は家庭用のドラム洗濯機です。
家庭用は水、業務用は精製油。

家庭用の水洗い用ドラム式と、クリーニング業務用のドラム式では、機械のお値段は10倍近く違います。

機械のお値段もなんですが、ドライマーク洗いと言うお洗濯の言い回しも良く似ていますが、中身は全く違います。

 

使っているのは、水と油なので当然違いますよね。

 

お家でのドライマーク商品を水洗いする場合には、縮んでしまってもある程度は仕方ありません。
何故なら、それは水洗いだからです。

水洗い×ドライクリーニング○と言うお品物は、元々水で洗う事を想定していないお品物ですので、お家でドライマーク洗いをすると当然弊害が出ます。

 

 

39d4934b752089a41ecb46e6800c9d4a_s

ウールでも水で洗えるお品物もある

でも、水洗い○、ドライクリーニング○と言うお品物は、ドライクリーニングも出来るが、水洗いも出来る様に想定して作られたお品物なので、ドライマーク洗いは可能です。

 

しかし、安心は出来ません。

水洗いと言ってもイメージは、洗濯機で下着と一緒にガンガン回してお洗濯するのではなく、そのお品物だけでプカプカ浮いていてクルクル回ってるそんなイメージです。

それでも、水による弊害が出る場合もありますので、縮んだり、色が移ったり、風合いが変化する前に、長時間水に浸けずに、水から素早く出して軽く脱水して、平干しすればその弊害は少なく済みます。

クリーニング屋ではドライマーク洗いの様な洗濯方法は昔からある

実はクリーニング屋さんでは、昔からウールのお品物でも水を使いお洗濯はしていました。

洗濯機でガンガン回すのではなく、機械力を出来るだけかけずに、洗剤力と温度と時間で、洗浄力を調整する『ウエットクリーニング』と言う方法です。

イメージでは、お洋服をお風呂に入れる様な、漬け込み洗浄型のお洗濯の方法です。

今のご家庭での『ドライマーク洗い』と似ているのですが、プロの仕事なのでやっぱり差があるんですね。

 

大事な事なので、もう一度言います。

 

お家では『ドライクリーニング』は出来ませんので、お品物のお取り扱いには十分お気を付け下さいね♪

ではでは~

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。