ネクタイは間違ってもお家お洗濯で洗ってはイケません

IMG_20141129_103650

 

ネクタイはお家で洗えるのか

ええ、結論から言いますと、シルクのネクタイをお家でお洗濯するとエライ事になります。

 

という事で、洗えません。

と、言うか洗わないで下さい(笑)

 

最近のご相談なのですが、ご主人のネクタイを間違ってワイシャツのポケットに入れたまま、お家で洗濯してしまったという事例がありました。

 

実は、この様なご相談は結構あります。
そして大体の場合は、シルクのブランド品であったり致します。

 

そういう場合には、クリーニング屋の対処法としてはネクタイの縫製をバラして、捻れて縮んだ芯生地の修正や、交換等を行った後で表の生地の修正に入ります。

 

まいど、オノウエです。
もちろんシルクなので痛んでおりますし、色も抜けています。

 

一度洗濯機でグルグル回ってしまったネクタイの生地の再生の道は険しく、完全に元に戻す事は難しいです。

間違って洗ってしまったのなら仕方ないのですが、ご自分でネクタイのお洗濯を考えている場合にはお止めくださいませ。

クリーニング屋でもちろんネクタイは洗えますし、シミ抜きすればキレイになりますのでお任せくださいね。

 

8827e80276704d2d336c29d968ff8b7e_s444

 

そもそもネクタイはキレイになるの

よくお伺いいたしますのが、『ネクタイをクリーニングに出してもキレイにならない!』との声をお伺いいたします。

実はネクタイは、非常にデリケートなシルクで出来ている場合が多い為に、シミ抜きの得意なクリーニング屋でしか、しっかりとシミを取る事は出来ません。

いわば、お着物と同じ扱いなのです。

さらに、色も生地の性質上薄くなったり滲んだりする事が多く、白っぽく毛羽立ったりも致します。

そこをメンテナンスの出来るクリーニング屋を選びましょう。

 

では、そんなネクタイに付いてのルーツや、お手入れのお話いたします。

 

3bf4a2ba8d2829b3f64bc1216ee84749_s

 

ネクタイの歴史

ネクタイは2世紀初めに、元々ヨーロッパの兵士が首に防寒の為に巻いていた、ウールのスカーフがルーツと言われています。

そして最初のネクタイは、クラヴァットと呼ばれ当時のフランスのルイ14世が使用した事で、流行になったそうです。

17世紀には、普通のネクタイの他にも結び目だけを強調した蝶ネクタイや、競馬場に訪れる紳士の間でアスコットタイなどが流行ります。

ちなみに日本では、アメリカに日本人で初めて訪れたジョン万次郎と言うお方が、日本人で最初にネクタイをして、日本に持ってきたと言われております。

劇団やミュージカルの題材にも使われておりますね。

 

ネクタイの生地や種類

ネクタイ生地の種類には色々な物が使われております。

一番に思いつくのはやっぱりシルクですね。
それ以外にもシルクとウールの混紡や、はたまた麻や綿やポリエステルの物まであります。

あと、アセテートやレーヨンとの混紡等々キリがないくらい種類が豊富ですね。

 

シルクのネクタイを持っている方へ

そしてネクタイは毎日着ける割には、クリーニングの頻度はメチャメチャ低いんですね。

特に食事など頂く時には、真っ先に食べこぼしのシミが付いたり、ブラブラして擦れたりするんですよね。

しかも、デリケートな素材で出来ている為に、いろんな事が起こります。

 

o0384042412934724535

この画像の部分は剣先と言われる部分で一番負荷がかかりダメージの出る所です。

 

そして、傷んだ生地は見た目では分からない事が多く、擦り切れてかろうじて生地にくっ付いているだけの状態です。

クリーニングすると細切れの糸が洗った拍子に落ちて、生地が無くなってしまいダメージが顕著に出てしまう事もあります。

 

実際にブランドネクタイを製造されている会社にお手入れの方法を聞いてみました

ネクタイを製造されている会社でお伺いした、シルクのネクタイのお手入れです。

毛羽だった場合の対処法としては、少しの毛羽立ちぐらいならライターでさっとあぶって、細分化(白っぽく見える現象)したシルクの毛羽を無くしてしまうとキレイになるとの事でした。

もちろん焦がさない様に、自己責任でお願いいたしますね。

あと言われていたのが、ネクタイは10本ほど揃えて、一度着けたらシワが取れるまで同じネクタイは使用しないで下さいとの事です。

 

1440925831736

 

お洋服もそうですが、お気に入りは特に休ませてあげましょう。

もし、シミや汚れが気になりましたら、クリーニング屋さんにご相談下さいね。
もちろんシミを除去して色修正して、バッチリキレイにさせて頂きます。

 

 

 

あと、リフォームで擦り切れを見えなくする事も可能ですのでご相談を~♪

ではでは~。

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。