マニキュアがお洋服に付いてしまったら除光液の使用はダメなんです。

IMG_20141117_234734

衣類に除光液は危険なんです。

はい、女性の方なら、マニキュアを使用した時に、一度ぐらい経験があると思うのです。

つい注意しているのに、「あっ!付いちゃった!どうしよ~」、って事あるのではないでしょうか?

まいどおはようございます、クリーニングISEYAの、シミ抜き修復師オノウエです。
僕はマニキュアは使いませんので、スタッフからの情報です。

 

そんな時には、除光液で取ろうとは思わないで下さいね。

実際に、ご自分でマニキュアのシミ抜きされた場合に、ほとんどは完全に取れない状態で、クリーニング屋に、再度シミ抜き依頼される事が多いのが現状です。

もし、仮に僕がクリーニング屋さんで無いのに、ネット等で独自に調べてシミ抜きした場合には、失敗する可能性が、十分にある自信があります(笑)

 

まず、絶対に使ってはダメな繊維があるんですね。
それは、「アセテート」と、いう繊維です。

 

除光液には、「アセトン」という油分を溶かす薬品が多く含まれております。

それが、「アセテート」という木材パルプのセルロースが原料である半合成繊維を溶かしてしまいます。

そして、「アセテート」が、溶けるとその部分が硬くなったり、接着剤でも付いたかの様に見える状態になります。

 

特に、ドレスに使用される事や、お洋服の裏地などにも使用される事が多い繊維です。
ですので、ドレス着用時のままのマニキュア使用は要注意です!

 

 


 

アセトン

除光液の主成分(60~90%)である有機化合物。
アセテート
天然素材の、木材パルプのセルロース成分と、酢酸を作用させて出来た繊維で、
半合成繊維(天然物と合成物が科学的に結合したもの)と、呼ばれております。

レーヨンよりも弱く、摩擦にも弱く、パルプ由来なので水にも弱いです。
ポリエステルと、混織されて使用される事があります。
似たもので、「トリアセテート」という繊維もありますが、
こちらは合成繊維に近い性質の為、少し丈夫です。


 

ネットで検索する情報は鵜呑みにしない。

ネットで、「マニキュア シミ取り」と検索して見ます。

すると、除光液を付けてつまみ取る様にして取るか、綿棒等で叩いて薄くなったら洗濯して下さい。

と言うような、自己責任のシミ抜き方法が載っています。

 

かなり注意して実行しないと、シミが広がったり生地の染色を破壊したりして、さらに取れないシミになってしまいます。

 

はい、綿とか麻の淡色系生地等の場合は、自己処理すると、まず色素が破壊されること間違い無しです。

 

そういう訳で、衣類に付いた時には何も触らずに、プロにおまかせ下さい。

それが一番確実です。

 

ええ、決してクリーニング屋に来て頂いて、売り上げを上げようなんて、思って言っている訳ではありません。

いやっ!ショウジキ持って来て頂けるとありがたいです、はい。
すいません。

 

でも、本当に、10年お店をやっていて、今までの経験から、結構悲惨な現実をこの目で見て来ましたので、お伝えしたかったんですね。

 

最新のマニキュア事情

最近では、ノンアセトンの除光液や、そもそも除光液を使わなくても取れるマニキュアなどがあります。

他にも、種類は色々あるみたいですね、そういうマニキュアを使うのも良いかもしれませんね。

 

もし、近くのクリーニング屋で、マニキュアを取ってもらえない場合には、ぜひご相談下さいね。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。