洗ってもお洋服に残ったシミは放置しないで早めに取ってあげましょう

o0450045013271820476-144

ビフォー

汚れやすい注意するお洋服の部位

はい、特にお洋服に残った汚れが付いていないかを注意する部位は、一番がエリ周りの部分と、袖の部分と袖口です。

この部位は、唯一お肌が直接お洋服の生地に触れる部分です。
その時に、目には見えませんが、お肌の皮脂汚れや汗などが付きます。

その皮脂汚れや汗などが付いた状態で放置致しますと、生地の劣化が始まります。
そして時間が経つと目に見える様になるんですね。

 

おはようございますオノウエです。
シミは時間が経つと落ちにくくなりますから、そうなる前のケアが必要ですね。

 

 

o0450045013271820475-44

アフター

相当古いシミや洗ったけど落ちないシミ

ええ、古いシミは大体が黄色の状態になり、よく見ると少しテカっているように見えます。

おそらくタンパク質の劣化により、生地の繊維が痩せていてその上に油膜が張っているからそう見えるんだろうと思います。

洗っているのに落ちていない場合も、傷んだシミが変色させたりして、完全に取れていない状態です。

特にウール製品は細かい毛羽が失われていて、その部分だけ毛羽が少ない状態になります。ですので目に見えるのは、毛羽が少なくなってしまった生地の繊維です。

 

 

o045004791327183021344

 

糸が劣化すると、一見無駄に見える細かい飛び出た糸が消失します。
すると、フワフワ感もなくなり、見た目にも変化します。

その部分だけ、見た目の色が周りと調和していない為、黄色く見えたり、黒く見えたりするのだと思います。

特にエリ周りと袖口、他には前身頃(胸からお腹に掛けての正面)は汚れやすい部位なので、お家で対処できない場合はプロに相談致しましょう。

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。