お家のお洗濯で洗っても取れていない茶色のシミって何?

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-14-9-42-40

お家のお洗濯で取れない汚れ

はい、お気に入りの綿パンをお洗濯して干そうと思ったら、茶色のシミが綿パンの至る所に付いていた。

そんな経験ございませんか?
何度も洗ううちに取れれば良いのですが、中々取れない茶色のシミってありますよね。

おはようございますオノウエです。
実はソレ「錆び」の茶色が付いたのかもしれませんよ。

錆びは茶色の粉が擦れて付いたような感じに見えます。

と言う事で「何かの色が移ったんかな?」とお客様は言っておられたのですが、「洗う前に何か付いたって事は無いですかね?」とお伺いしてみたところ。

「そういえば錆びた机を持ったけどそれかな?」と、そうです!それです!

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-11-14-9-32-03

お家で錆(サビ)は取れない

以前のブログにも書いたのですが、実はそうなんです錆(サビ)はお家では非常に取れにくいのです。

取れない事は無いのですが、処理の方法が難しくて面倒くさいですね。
でも、クリーニング屋ならシミ抜きで取る事が可能です。

大体錆(サビ)だけじゃなく油や汚れも一緒に付いているので、錆びを取るだけの処理ではダメな事も有ります。

だから色んな処理を行います。
お家で取れない汚れも諦めないで下さい。

例えば色が移ってしまったとか、変色してしまったとかあると思います。

でも、シミ抜きの出来る作業場と受付が一体のクリーニング屋なら技術のあるクリーニング屋が多いので、そんなクリーニング屋なら現状より良くなります。

 

ぜひ頼ってみてくださいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。