お家のお洗濯でよくある縮ませてしまう失敗の原因は何なのでしょう

完全に縮んでしまうと元には戻らない

はい、最近特ウールのセーターやカーディガンが縮んでしまったというご相談は年々増えて来ています。
それほどお家でのお洗濯でウール製品が洗われていると言う事ですね。

お家のお洗濯でよくある縮ませてしまう失敗の原因は、仕分けせずにそのまま洗濯機に入れてしまいいつもの下着と一緒に洗ってしまったという事です。

そのほとんどが知らずにそのままランドリーボックスや洗濯機に入れてしまったという事をよくお伺いいたします。

気がつかずに洗濯機で洗ってしまった場合には、かなりの洗濯機の力でグルグルと回っていますので当然汚れがよく落ちる分衣類に負担がかかっています。

そしてウール製品で縮まない加工がされていなかった場合には、確実に縮んでしまうんですね。

おはようございますオノウエです。
縮まない加工がされていても普通に毎回洗濯機で洗っているとだんだんと縮む事もあります。

 

手洗いで極力機械力をかけなければ縮まない

ええ、逆に言うと洗濯機の力でグルグルと回さずに洗面器に入れて手で上下に抑えるだけなら繊維があまり動かない為に縮む要素が少なくなるので縮みにくくなるんですね。

ぜひとも、気になるお気に入りのウールのセーターやカーディガンを洗う時には、手で押し洗いをお勧めいたします。

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。