毛玉が付いたら難しい事は言いません安全な方法で取りましょう

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-9-11-05

毛玉は簡単に安全に取るのが一番イイ

はい、今の時期は良く着用するのがウールのセーターやカーディガン等ですよね。
そこで悩まされるのが「毛玉」です。

ちなみにクリーニング屋では「毛玉」の事は言い方もカッコよく、「ピリング」って言う事もあります♪

毛玉は、摩擦や静電気や水分が原因で出来ます。
それが酷くなると、繊維が絡み合って硬くなったり引きつったり致します。

見栄えも悪くなりますしね。

 

でも、実は繊維が細い素材や柔らかい素材の場合は「毛玉」は出来にくいんです。
いわゆるチョット価格がお高めのお品物の事です。

何故かと言いますと、「毛玉」が発生する前に切れて毛玉にならないからなんですね。
やっぱイイものには理由がありますね♪

 

おはようございますオノウエです。
以前にも毛玉を安全に取る方法をお知らせいたしましたのがコチラ。

「クリーニング屋がお勧めするお家で安全な毛玉の取り方」

でも、もっと手動で簡単な道具を使ってももちろん出来るんですね♪

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-9-11-34

付いた毛玉を手軽に安全に取る方法

ええ、こういうのを使います。
このブラシはクリーニング屋のプロも使っている「馬丁ブラシ」と言われる道具です。

馬の蹄の形に似ているでしょう。
お近くのホームセンターやAmazonでも販売しておりますよ♪
似たようなお品物ですと1400円から3000円ぐらいで販売されています。

チョットの毛玉なら手でムシルだけでも良いのですが、まあまあありますと大変です。
「毛玉」の出来るか所は、摩擦の起きやすい場所、例えば襟ぐり、脇、袖口、裾等。

さらにバッグを頻繁にもったりする方や車に乗る事が多い方は、肩口の部分から裾に向かって斜めに付きます。

 

このブラシの使い方は簡単。

毛玉をこそぎ落とすように、サッサッと撫でる様にブラッシングいたします。
部分的に使うならブラシの先の部分や、端の部分をピンポイントで使い「毛玉」を取ります。

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-9-58-06

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-09-9-56-52

 

どうです?
こらなら簡単でしょ♪

注意点は、あまりやり過ぎると毛並が変化してしまい周りの部分と調和しなくなるので、程々にしておきましょう。

どっちかと言いますと、ザックリ系の厚手のお品物に特に威力を発揮致します。
薄いお品物には不向きなのでその時には、前のブログでご紹介いたしましたやり方で行ないましょう。

前のブログはコチラ

「クリーニング屋がお勧めするお家で安全な毛玉の取り方」

 

スポンジを使う毛玉取りの方法もありますが、何度か色々試しましたがイマイチ取れにくく感じました。

でも、コレなら面白いほど取れますよ♪

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。