ダウンジャケットの中身は何が入っているか知っていますか

ファイル 2015-12-15 16 35 09

意外に知られていない『ダウンジャケット』の中身

はい、昨日からは寒波が来ているのでめっちゃ寒いですが、お正月などは暖冬で薄手のダウンジャケット等は重宝したのではないでしょうか?

僕も、ダウンベストはヘビーローテーションでかなり重宝致しました♪

そこで、ダウンと一口に言っても中には何が入っているかって、意外と気にした事は無いのではないでしょうか?

普通はあまり関心はありません。
知っているのは衣類に携わる関係者ぐらいなんですね。

ダウン製品に使われている羽毛は、ダック(アヒル)やグース(ガチョウ)です。
ホワイトグースとかTVで聞いた事ありませんか?

中身のダウンの山地や種類により価格はメッチャ変わります。

安価なダウンジャケットと、高価なダウンジャケットの差は見た目には分かりにくいですが、この辺に差があります。

要するに、ダウンの割合が多くダウンが軽いのに量が多いものほど高価で良い物なんです。

 

おはようございますオノウエです。
そして中身のダウンには種類が2種類あるんです、ダウン以外にもフェザーって言うのが入っているんですね♪

フェザーには芯があります。
いわゆる羽ですね。

これがたまに、縫い目から表面に突き出てくる場合があると言われている物です。

保温性はダウンに比べると少ないですが、ボリュームがあるので見た目の嵩を増す為に少しは入れるみたいです。

はい、ダウン製品の購入時にはダウンの割合が多く、なおかつ軽い製品を購入いたしましょう。

もちろん、中身のダウン自体にも品質の善し悪しがありますので、洗う事によってニオイが出たり、早くスカスカにボリュームが減ってくる製品もあります。

ダウンジャケットのお洗濯はした方が良いのか

ダウンジャケットのお洗濯ですが、基本的にはダウンジャケットもお洋服です。

普通に汚れますし、襟やそでは特にお肌に直接触れますので皮脂や汗の汚れも付いています。
ですので、当然シーズンの終わりにはお洗濯するのが望ましいのです。

と言う事で、ダウン製品でももちろん洗って下さい。

ですが、昔は羽毛布団やダウンジャケット等のダウン製品は基本的には洗わない様にしてお手入れするのが主流だった見たいです。

 

それは、洗浄時に過度な洗浄力を掛けるとダウンは動物の毛でありタンパク質で出来ていますので、アルカリ性の洗剤に弱くだんだんと溶けてきてボリュームが減ってしまうからなんですね。

良く汚れが落ちる洗剤ほど洗浄力が高いので、アルカリ性の洗剤の力が高いんですね。
すなわち、ダウンが溶けてボリュームが減りやすいと言う事です。

この場合は、高級なダウンだからと言って減らない訳では有りません。

この事から考えると昔は洗剤の性能も極端だった為に、洗わない方がイイと考えられてきたのかも知れませんね。

薄手の水洗い出来るダウン製品の場合ですと、お家でのお洗濯も可能です。

ですが、アルカリの強い洗剤を使ったりしないで弱アルカリ性や中性等の洗剤を使って洗いましょう。

濯ぎ時には洗剤が残らない様に濯ぎを十分にしてくださいね。

洗剤成分が残っていますとダウンを劣化させて、結果的にはボリュームダウンさせてしまいますのでご注意を。

クリーニング屋さんではダウンはその汚れ具合を見て、ドライクリーニングと水洗いの両方をする場合やどちらかだけにする場合など状況に応じて対応致します。

 

でも、クリーニング屋さんが全てがそうではありません。

クリーニング屋さんをご利用の場合には、購入価格に応じたお値段のクリーニングをして下さいね。

大切なダウン製品は、しっかりと洗ってくれるクリーニング屋にお願いいたしましょう♪

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。