ダウンジャケットはどれくらいの頻度でクリーニングするべきなのか

 

ダウンジャケットはそで口と襟元が汚れてきたら洗い時です

はい、まだまだ寒いですので3月末までは要るであろうダウンジャケットですが、意外に洗われる頻度は少ないです。

毎年寒くなって来る直前に去年から1年間洗わずに直してあったダウンジャケットを慌ててクリーニング。
そんな事も珍しくありません。

クリーニング代金もダウン製品の場合はバカにならないので中々出せない事実もあるようです。

でも一見ダウンジャケットの外側はポリエステルやナイロンで出来ていますので、虫食いの心配もないし多少洗わなくてもウールや綿と違い黄ばんでくる事も少ないのでクリーニング頻度が少ないのかも知れませんね。

おはようございますオノウエです。
でもですね、ダウンジャケットの中身はガチョウ等の鳥の羽ですから、やはり洗わずに長時間経つと傷みますし臭いも出てくるんですね~。

 

匂いや汚れが気になったらクリーニング屋で水洗いしてもらいましょう

ダウンジャケットのお洗濯ですが基本的にはダウンジャケットもお洋服です、普通に汚れますし襟やそでにはお肌に直接触れますので皮脂や汗の汚れも付いています。

ですので、当然シーズンの終わりにはお洗濯するのが望ましいのです。

 

【ダウンジャケットのクリーニングタイミングの目安】

○最低1年に1回シーズンオフ時に出来れば水洗いでクリーニングする。

○シミや汚れが気になる場合又はジュースなどをこぼした場合には中間洗いで汚れを落とす。

○使う直前まで洗わないと言う事は1年間かけてダウンが傷むので放置しない事。

でも気になるのならその時が洗い時です♪

クリーニング屋さんではダウン製品はその汚れの度合いを見て、ドライクリーニングと水洗いの両方をする場合や、どちらかだけにする場合など状況に応じて対応致します。

でも、クリーニング屋が全てそうかと言いますとそうではありません。
クリーニング屋をご利用の場合には、購入価格に応じたお値段のクリーニングをして下さいね。

大切なダウン製品は、しっかりと洗ってくれるクリーニング屋にお願いいたしましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。