もしもパンツの裾に靴の色が付いてしまっても諦めないで取れるかも

 

パンツやズボンのスソに付いた靴の色移りは取る事が出来ますか?

はい、最近では色んなカラフルな色の靴も流行っております。
原色を使った革靴の場合はその色が、パンツの裾についてしまったりする事があります。

「色が移ったから何とかして~!」
と、そんなお声もよくお伺いいたします。

結論から言いますと取る事は可能です。
特に白いパンツの方が実は取りやすいんですね♪

色柄物のお洋服だと場合によっては生地の色が抜けてきたりするので気を付けなければなりませんが、白色なら色抜けの心配はありませんのでソコソコのキツイ処理でも大丈夫なんですね。

おはようございますオノウエです。
裾の方の裏側にちょこっとだけシミや色が付いても気になる方は気になりますからね。

 

原色の靴に多いパンツの裾への色移りはほとんど取れます

このビフォー&アフターは茶色の靴の色が白いパンツの裾についてしまった事例です。
ええ、もし色が移ったら自分で取ろうとして決して擦ったりはしないでくださいね。

以前に色移りを取った事のある経験があり、どの程度処理したら取る事が出来るか分かっている方なら問題ないと思います。

ただ擦ると衣類にダメージが残るのと、生地に色がさらに浸透して取りにくくなりますからね♪
擦るのは禁物です。

パンツが白色の場合で水洗いがOKの表示なら、お家でも何とか出来るかも知れませんのでそんな時には是非ご相談下さいね。

はい。
ってブログ短いですが今日はココまでで♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。