持って帰って外さなくて良いクリーニング屋の袋もある

 

クローゼットにそのまま直せる袋

はい、クリーニング屋からお洋服を持って帰った場合に、『お帰りになられましたら、まずは袋を外してください』って、クリーニング屋からよく言われますよね。

でも、『袋から外さなくても良いですよ』って言われる袋もあります。

それは不織布(ふしょくふ)と言う材質で出来たカバーなのですが、布ではありません。

ええ、布と書きますがお洋服用の不織布カバーは、一般的に言われる天然生地の布ではなく、糸状のビニールのような化学繊維の集合体です。

不織布は編んだり織ったりして作るのではなく、ほどく事が出来ないグチャグチャに絡んだ状態になった、ビニール繊維がフェルト化した物なんですね。

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです、まいど。
身近にある物で言うと、紙も材質は違いますが同じ仲間ですね。

そしてお洋服用の不織布カバーには、色んな効果があります。

 

IMG_20150111_132818

 

普通のビニールと違い通気性がある

不織布の拡大図を見てもらえると分かるのですが、不織布の良い所は、カバーに無数の細い隙間があるので、通気性があります。

そして当然カバーなので、ホコリが付くのを防ぎます。

ですので、勿論そのままクローゼットに保管出来ます。

これが何故良いのかと言うと、通気性があるので袋の中にガスや湿気がこもりにくいんですね。

うん、これは良いですよね。

 

IMG_20150111_134332

 

不織布カバーにも弱点はある

不織布を引っ張ってみた拡大図。
細いビニールの集合体だと言う事が、よくわかりますよね。

最近では、不織布のカバーは100均などや、ホームセンターでも売っています。
中には、防虫や防カビ等の特殊効果が付いている不織布カバーもあります。

普通の防虫剤なら、クローゼットを開閉するたびに効果が薄れますが、一点ずつの不織布カバー自体に特殊効果が付いている場合は、効果が薄れにくく、湿気対策の換気も行ないやすいですね。

 

ですが、不織布カバーなら絶対に安心!
と言う訳でもないんです。

 

注意点は不織布で包装したお洋服を、クローゼットに入れる時には、必ずお洋服とお洋服の間に空気が通る隙間がないと意味がありません。

何故なら隙間が無いと、空気が流れ無い為に通気性が無くなります。
そして通常のビニール包装と、変わらない状態になってしまうのです。

ですので、湿気取り等の準備はやはり必要ですね。

 

1点づつお洋服自体に加工する方法もある

クリーニング屋では、お洋服一点一点に直に防虫や防カビ等の特殊加工をする事が可能です。
この場合には、直接お洋服に加工するので通気性の問題はありません。

お洋服に、直に加工いたしますので効果もバツグンです。

でも、それでもどうしようもない事もあります。

それは、クローゼット自体に高い気密性と湿気がある場合は、一度湿気が発生すると不織布の通気性の効果も1点づつの加工の効果もへったくれもありません。

カビも生えます。

そうです。

どんな事をしても、完璧に安全と言うことはありませんので、カビや変色を防ぐには色々と対策を複数いたしましょう♪

 

 

 

備えあれば憂いなし♪

ではでは~。

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。