綿のシャツやブラウスに付いた細かいホコリや毛はサッと取りましょう

 

細かい毛がお洋服に付いたら簡単スピーディーに取りましょう

はい、シャツやブラウスに細かい毛が付いてる事ってありませんか?
しかも、白いシャツに細か~い黒い毛が付いてたりしたら指でつまんでも中々取れません。

このホコリや細かい毛はどうしてお洋服に付いて中々取れないのかと言いますと、静電気が発生しているのが原因だからだと思います。

だって。
結構しっかりと洗っても細かい毛は取れないんですもの。

はい、そこは実際に洗って実証済みです!

要するに、静電気によってお洋服にしっかりと張り付いているから細かい毛は取れないんですね。
と言う事は、逆に洗った拍子に他のお洋服にも移る事も無いのでソコは安心です♪

おはようございますオノウエです。
「でも!何としてでも今直ぐに細かい毛を取りたい!」
って言う方には、この方法をオススメ致します♪

 

あっ!元からホコリが付きにくい様にする事も方法の一つです

細かい毛の取り方の説明の前にこんな方法もあります。

洗う時に静電気防止剤(導電性を高めて放電する)などが入った柔軟剤や洗剤を使用して、洗う事により実は静電気を弱める事が出来るんです。

そうすれば、ホコリや細かい毛が付いてしまうのを未然に軽減する事は理論上は可能です。

でも、残念ながらやっぱり少しは付いたりするもんです(笑)

こんな時に活躍するのがドコのお家にもあるコロコロですよね。

しかし!
実はコロコロは毛足のあるお洋服にはかなり有効なのですが、毛足の無い綿製品やシルク製品には不向きなんです。

薄手のお洋服の場合には、コロコロしている内に引っ付いて巻き込んだり、シワが出来たりして逆に使いにくいのです。

そこで!
ガムテープやセロテープを使うんです。

しかしながら、ただ貼り付けて剥がすだけではうまく細かい毛は取れません。

実はその使い方にポイントがあります。

 

 

この様に撫でる様に使います。

 


ヨコに滑らす感じですね♪
そうする事でシワにもならずにキレイに取る事が可能です。

 

【ホコリや細かい毛の詳しい取り方の説明】

ワイシャツやブラウスをハンガーに掛けたままでも可能です。

反対の手でかるくテンション(引っ張る)をかけて、手にガムテープを持ってスーー―っとワイシャツの上を滑らせます。

その後、滑らした後にガムテープを見てみるとワイシャツに沿った部分だけ毛が付いています。

またガムテープをその部分から少しずらしてスーー―と滑らします。

あとはこれの繰り返しで、まんべんなくガムテープを使います。

 

特に綿素材やポロエステルやシルクの品物には有効です。
かなりアナログですが早いし安いし良く取れます!

ゼヒゼヒお試しあれ~♪
ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。