もしお洋服の色が無くなったり変化してもご相談下さい

a20edad0f55755f0cfa8619763a82139_s

 

お家で漂白剤を使ってお洋服の色が無くなった

はい、今やお家のお洗濯で洗剤と漂白剤を同時に使うのは、お洗濯をする上で、結構当たり前になりつつありますよね。

ですが、まず漂白剤を使う時に、考えて欲しい事があります。

 

実は、製造されてから時間の経った古いお洋服に使うのは、要注意なのです。

何故なら、古いお洋服は染料も古くなって、劣化しているかも知れないからです。

 

ええ、生地も色も、時間が経つと劣化してしまいます。
そして、生地が劣化していると色(染料)も劣化して、お洗濯や漂白で落ちやすくなっているのです。

 

おはようございます、シミ抜き修復師のオノウエです。
そして必ず、お洋服が劣化してしまう原因があるのです。

 

IMG_20150608_184303

 

汗や汚れをそのままにしていると染料や生地はダメージを受ける

 

【食べこぼしの場合】
 
例えば、食べこぼし等の汚れをそのままにしておくと、シミが腐食いたします。

そして、汗が付着した状態で時間が経っても、染料が劣化してしまいます。

そのお洋服にダメージが蓄積されている状態で、お洗濯やクリーニングを行うと、
洗った事が引き金となり、染料が剥げ落ちたり致します。

 

【汗の場合】

汗は乾く事により、目には見えない状態になります。

しかし、成分はお洋服に残り、さらに成分が凝縮されて変化を起こし、
繊維や染料にダメージを与えるのです。

 

 

DSC_0579

お家で衣類の色が変わってしまったり抜けてしまったら

はい、そんな時にはクリーニング屋の、『色修正』を、オススメ致します。

そうすれば、お洋服を捨てずにまだまだ着る事が出来ます。

 

捨てると言う、『選択の前に』、ぜひ一度クリーニング屋へご相談下さいね。

まだまだ着れる様になりますよ♪

 

 

修復師のいるクリーニング屋へお越しくださいませ♪

ではでは~。

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。