ボタンやファスナーは度重なる着用とお洗濯により弱くなってきてます

 

お洋服の装飾品やボタン等はいつかは壊れます

はい、お洋服のボタンやファスナーも最近ではオシャレな一点物などもあり、お洋服を引き立てる装飾品のひとつとして大活躍なんですね。

でも、
形ある物であるボタンやファスナートップはいつかは必ず壊れます。
そのタイミングになりやすいのがお洗濯した時です。

お洋服や装飾品に一番負担が掛かりやすいのがこのお洗濯の時なのです。

突然壊れるという事だけは防ぎようがありません。
もしかしたら材質的にも寿命だったのかも知れませんしね。

でもですよ!
クリーニング屋さんは何もお洗濯時に壊れない様に対策をしていない訳ではありません!!

おはようございますオノウエです。
もちろん壊れないに越した事はございませんからね♪

 

ボタンやチャックを保護する道具は沢山あります

ええ、そんな壊れやすいボタンやチャックや装飾品を守るお洗濯時に使う道具は沢山あります。

その中でも特にボタンって割れやすいですよね。
はい!ボタンを丸ごとカバーしちゃうアイテムがあるんです。
それがコレ。

 

 

クリーニング屋さんでは当たり前の様に使用されております。

たまにアルミホイルで包んだボタンをお見かけ致しますが薄いし溶剤が残りやすいのでボタンの保護にはなりません。

次にファスナーですがファスナートップが装飾品であったり動いたりしては着用している時でも破損したり、知らない間にファスナートップがなくなっていたり致しますよね。

そこで!ファスナートップごと包んで保護するアイテムがコチラです。

 

 

ええ、こちらはファスナートップを丸ごと動かない様にカバーしているのでダメージは最小限に抑えられます。
こうしてクリーニング屋さんでは色んな道具を使って壊れやすい付属品はガードしているのです。

壊れやすい部分はガードして洗ってその後乾燥する。

たとえば割れやすそうなボタンの場合は一つ一つの付属品を手作業でボタンを包むようにボタンカバーを使用してガード致します。

手作業なので以外に時間が掛かってしまうのですが、中には装飾ボタンに傷が付いただけで商品価値が下がったりするものもありますので気を付けて作業いたします。

もちろんファスナートップも動かない様に固定する。
ボタンガードと同様にお洋服一点一点に手作業でファスナートップもカバー致します。

 

手で押さえるだけでも曲がってしまうぐらいデリケートな付属品もありますので慎重に扱います。
ボタンも貝殻を薄く削って作ったボタンもありますからね~。

かなり手間暇をかけているのがお分かり頂けましたでしょうか?
これも言わなければ伝わらないし知らない事ですもんね。

ええ、
意外に考えてやってます♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。