ウール製品のシミや汚れ等は衣替えの機会にキレイにしておきましょう

 

食べこぼし等で汚れているトコロから食べられます

はい、ウール製品のコートやセーターの衣替えクリーニングは終わりましたか~。
まだクリーニングしていない冬物のお洋服ってもうないですよね?

おはようございますオノウエです。
この画像のセーターですが、ほつれているように見えますよね。

これって実は衣類の害虫に食べられた跡なんです。

キレイに上糸だけ食べられています。
実はその部分に何かが付いていたんです。

そう、
シミです。

衣類の害虫の重要なタンパク源はこの洗って取らずに付いたままのシミなんです。
人間の食べこぼしですので害虫にとってはご馳走なんですね~。

害虫の気持ちは分かりませんが、美味しいお肉の上に濃厚なステーキソースの掛かった超ご馳走なんでしょう♪

 

1回でも短時間でも汗をかいていなくても着用すればお洋服は必ず汚れます

ええ、1回しか着ていなくても短時間しか着ていなくても汗をかかない場所にいたとしても、1度でも着用すればお肌に触れた部分には皮脂の脂が付きます。

それが酸化(酸素に触れて変化する)して害虫のご馳走になります。
久しぶりに洗い忘れたお洋服を見て見ると、黄色くなっていたり茶色くなっていたりするのがソレです。

そんな時にはどうしたらいいのか?

「来年着る時にクリーニングすればいいかな~」
何て事は思っていませんでしょうか?

ダメです!
直ぐにチェックして下さい!

『何を?』ってそれは『虫食い穴』が無いかどうかです!
無ければまだセーフですので直ぐにクリーニングして下さいね♪

「ウチのクローゼットにはムシなんていないよ」と言われる方もおられますが、
「あっ!穴があいてる!」と、虫食いの衣類に気が付く頃には虫はとっくに成虫になって何処か遠くに飛んでいっています。

ですので実際にはムシを見る事は有りません。

「着る前に洗うのではなく、着たら洗う」

しっかりとお洗濯をしてキレイにしてからクローゼットに直すことで虫に食われないのです。
さらに、防虫剤は必ずクローゼットの上の方においてくださいね。

そうすれば、開け閉めの多いクロッゼットでも上から下に防虫成分が落ちる為に早くクローゼット内に成分が充満いたします。

下に置くとクローゼット内に成分が充満するには空気が回転して回らないと上の方や全体に行き渡りにくいので、開け閉めの少ないクローゼットでは即効性にかけます。

逆に開け閉めが多くても上の方まで防虫成分が届かないのでご注意を!

っと、こんな感じでクリーニングと防虫剤をうまく使えば虫食いも怖くは有りませんよね♪

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。