ポケットに入れていたボールペンからインクが大量に出てしまった時は

 

インクを取ろうとすると滲んで広がりますので触らない事

はい、まずは気を付けたいのがインクの色が濃い状態で滲んでいたらその部分は濃度の濃いインクが付いていると言う事です。

即ち取ろうとすると余計に滲んでドンドン広がりますのでかなり要注意な状態なんですね。
この様な状態の事をクリーニング屋さんでは『インクの爆発』と言います。

知らない間に使っていたボールペンが胸ポケットの中でバラバラになってインクの液漏れを起こしていたり、ボールペンが入っている事に気が付かずに洗濯して大量の衣類に付いてしまったりと言う事例が多々あります。

おはようございますオノウエです。
そんな時にはどう致しますか?

実は大体の方は捨ててしまってるんですね~。
その理由は、「クリーニング屋さんに持って行ったら取れませんって言われました」と言う事だそうです。

いや~!!
それを聞いた時には正直ショックでした。

もし、ボールペンのインクが付いても、シミ抜きの出来るクリーニング屋さんならシミ抜きすればほとんど取れますからね~!

是非相談してね♪

 

特に学生さんの制服や病院の制服等はシミを取りやすい

はい、制服って着用サイクルが早いので基本的には丈夫に出来ているんですね。
ですのでチョットやそっとでは生地が傷んできたりはいたしません。

でも、長時間変色している状態やインク等のシミが付いたまま着用してお洗濯していると、時間と共にシミが変化して取れないシミになったりして取れにくくなってきてしまいます。

そうなってしまったら、完全に取る事は出来ない場合があります。

そうなってしまう前に、出来るだけ触らずにすぐに持って来て頂けると取れる確率は非常に上がりますのでどうぞよろしくお願いいたします!

「どうしたもんかな~?」と思った時にはご相談くださいませ♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。