お洋服に付けたくない毛染め用の液が付いてしまったらどうしましょう

 

そんな時にはやってしまったと思っても絶対過度に擦らないで下さいね

はい、最近では遠方で南は九州の方から、北は北海道の方からもお仕事を頂く事があります。
特に増えてきましたのが美容室にてお洋服に毛染めの液が付いてしまったと言うご依頼です。

毛染めにも色んな種類がありまして、付いて直ぐなら簡単に取れるものもありますがほとんどの場合は取り切れずに残ります。

はい!
それが色柄物のお洋服に付いてしまった場合には大変です!

ブリーチが付いてしまうと色が抜けてしまいますし、もし取ろうとして擦ったりしたら生地が毛羽だって白くなってしまった上に毛染めの色が取れずに生地の奥深くに毛染めの液が浸透してしまいます。

そうなってしまったらお家での対応はもうお手上げです。

おはようございますオノウエです。
ええ、出来ればもし毛染め液が付いてしまったらその時には何もせずにしみ抜きの出来るクリーニング屋の修復師におまかせ下さいね♪

 

毛染めがお洋服に付いてしまった時に生地の色が白い場合と色柄物とでは価格が変わります

ええ、白いお洋服に毛染めが付いた場合には色んな方法で取る事が可能なのですが、色柄物の場合には毛染めが取れてもほとんどの場合はお洋服の色まで取れてしまいます。

特にインディゴなどのブルー系やムラサキ系は色が取れやすく毛染め取りには色修正が必須となります。
ここで言う色修正とは無くなってしまった色を足す事によって色が抜ける前の状態近くまで戻す特殊技法です。

しかし、色修正が入りますと仕上げに時間も掛かりますし修正価格も余分に乗っかってきますので、その分お洋服を直すのにどうしても価格が髙くなってしまいます。

ですので少しでも落ちやすいように、もし色柄もののお洋服に毛染めの液が付いてしまったら全く触ら無い方が無難なんですね。

毛染め液のしみ抜きは、どこのクリーニング屋さんでも出来る訳ではありませんのでお店の方に聞いて見るとイイと思います。

当然ISEYAでは色修正を行っております。
ほとんど僕がやります♪

毛染めが付いてしまったらビックリして何かしてしまうのは仕方が無い事だとは思います。
でも応急処置で何かをするのは一回だけにしておきましょう。

それで取れたらラッキーですが取れなかったらもう触るのはヤメましょう。
出来れば何もせずに毛染めのしみ抜きが出来るクリーニング屋に速攻持って行きましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。