ほとんど着ていないお洋服でも時間が経つと襟や袖口は黄色くなります

試着済みのお洋服も含めて1度でも着ている着用済みのお洋服です

はい、先日に「ほとんど着ていないお洋服でも時間が経つと襟や袖口は黄色くなりますか?」とのご質問をお受けいたしました。

このご質問は非常によくお伺いする事があります。
早速ですが結論から言いますと、「黄色くなります」!

ほとんど着ていないと言う事は、1度でも着用はしていると言う事です。
逆に1度でも着用していないのであれば襟や袖口は黄色くなりません。

当たり前ですよね~。
でも、試着済みのお洋服ですと購入者ご本人は着用していなくても時間が経つと黄色くなります。

着用時の状況にもよりますが襟や袖口に皮脂や汗の成分が少しでも付いていると、それを取らない限りその皮脂や汗の成分が劣化していき生地を変色させていきます。

おはようございますオノウエです。
皮脂や汗の成分の付着量が少ない場合ですと、何年も置かない限りは変色しないでしょうけどね~♪

 

皮脂や汗の汚れはそのままにしておくとリンゴの切り口の色が変色するのと同じ様に変色します

まず、直接お肌が触れている場合には必ず皮脂汚れが付着します。

一度でもお洋服を着用致しますと、襟元や脇の部分等の稼動する関節部分には必ずと言っていいほど汗を掻き、そこに汗の成分が付きます

しかも、その汗の主成分である水溶性の汚れは通常のクリーニング屋のドライクリーニングだけでは完全に取り除く事がどうしても出来ません。

そして、そのまま時間が経つと変色等が発生致します。

それを防ぐには水を使った特殊なクリーニング屋さん専門の洗い方で、水溶性の成分もお洋服から取り除ける、「ダブルクリーニング」をクリーニング屋さんにしてもらいましょう。

お家で水洗い出来るお洋服ならダブルクリーニングをする必要はありません。

お家では洗えないお洋服でもクリーニング屋の「ダブルクリーニング」で水を使って洗う事が可能です。
(クリーニング屋さんによっては出来ないところもあります)

汗や皮脂汚れは見た目には分かりにくいですが、時間が経つと皮脂汚れや汗が変化して目に見える様になります。

ですが、その時には汗のシミからすでに落ちにくい変色に変わっているのです。
変色とは元々の生地の色が変わってしまっている事を言います。

特にエリや袖口のお肌に触れやすい部分は色がよく抜けたり変色してしまいます。

汗は乾く事により目には見えない状態になります。
しかし成分は生地に残り、さらに成分は凝縮され繊維や色にダメージを与え続けるのです。

あと、色にダメージの有る状態でのお洗濯も危険です。
お家のお洗濯で洗剤と一緒に漂白剤を使って洗ったら生地の色が無くなった、そんなお話もお伺いいたします。

長く洗っていないお洋服に漂白剤を使う時には特に要注意なのです、何故なら汚れの下にある色も古くなって劣化しているかも知れないからです。

洗浄した事が引き金となり、汚れと一緒に下にある色もろとも落ちたり致します。
汚れを落とすのと同時に色も落としてしまう、この現象が色が変わってしまう原因です。

変色はクローゼットに入れる前にクリーニング屋さんの特殊水洗いである、「ダブルクリーニング」をすれば変色防止になりますので是非ご利用下さいね~♪

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。