お家でのお洗濯時に洗剤を直接お洋服にかけてしまってはいませんか?

タイマー予約洗いの場合は特にお洋服に洗剤を直接掛けない事

はい、最近のお客様のしみ抜きのご依頼の中で気になる事があります。
お家でお洗濯をしたら色が出て他のお洋服に付いてしまったり、そのお洋服の色が滲んでしまったとのご相談です。

その時には色々とお話をお伺いいたしましたが特に気になる点がありませんでした。
でも、よくよく思い出してみると一つ共通していた事がありました!

それは何かと申しますと。

お洋服に付いたシミに直接洗剤の原液を付けてお洗濯したり、お洗濯時にお洋服の上に直接洗剤をかけたりしている事です。

でも、直ぐに洗えばさほど変化は無いと思うのですが、問題はその洗剤の原液がお洋服に付いたままで時間が経過していた事でした。

おはようございますオノウエです。

タイマーでの予約洗いによる時間経過。
僕はコレが色移りの原因の一つではないかなと考えます。

 

洗剤の原液が長時間付いている状態で温度がかかると色が変化する可能性はある

ええ、特に最近の液体洗剤の場合には濃縮タイプが多く、少量でも水で薄まる事を想定して効果を発揮するのですが、その分原液は通常の洗剤と比べて成分が濃いんですね。

それをお洋服に直接かけている状態で長時間放置。

今の季節ならさらに温度の高い状態で夜の10時にセットして、朝の5時に洗いだす場合だと約7時間ぐらいお洋服に濃い洗剤が付いた状態で時間が経つわけです。

ちなみにプロのしみ抜きでも、濃度、温度、時間と言うのはシミや汚れを取るのにあたって非常に重要なファクターであります。

それを意図せずにお洗濯の準備段階で行なわれてしまい、汚れで定着が弱まっている色素にダメージが蓄積されて、その後にお洗濯した時に変化がお洋服に表れてしまったと言う事ではないかと考えられます。

え~。

簡単言いますと、この様なトラブルを防ぐには、
「洗剤をお洋服には直接かけない事!!」
が一番です♪

 

指定の洗剤の投入口に入れる事には意味があります

最近の洗濯機ですと、液体洗剤や粉末洗剤、漂白剤に柔軟剤。
全部入れる場所が決まっています。

メーカーさんがどの位置にどんな感じで洗濯層に洗剤や柔軟剤が入る事で、その洗剤や柔軟剤が一番効果を発揮出来るかを検証した上で決めているのでしょう。

その洗剤の投入口は、洗濯するにあたって計算された最適な入れ口と言う事ですね。
その部分に洗剤を入れる事によって洗剤は最高のパフォーマンスを発揮出来る様に作られていると思います。

ドラム式の洗濯機ですとお洋服に直接洗剤をかけるよりは洗剤投入口を使う事が多いと思いますが、縦型の洗濯機の場合ですとついつい直接お洋服の上に洗剤をかけてしまう事もあるかも知れません。

もちろんこれらの事はお家で起きる色移りなどのほんの一部の要因かも知れませんが、出来れば気を付けたいところですよね。

はい、今日からお洋服には洗剤を直接掛けない様に致しましょう!
宜しくお願いいたします♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。