洗剤の購入時には入れ物の裏側にある成分表示を見て損はありませんよ

洗剤購入時のポイントは裏の成分表示を見て見よう

はい、僕たちクリーニング業に携わる人間は洗剤を選ぶ時にまず裏側を見ます(笑)
お洋服ですと「これいいな~♪」と思った後にはやっぱり洗濯表示タグを見ます。

もうこれは職業病です!

でもココにはこれから使うに当たっての必要な情報がてんこ盛りなんですね♪
マニアになりますとみているだけで楽しくなります。

洗剤ですと「こんな成分が入ってるんや~」とかお洋服ですと「この生地の手触りはコレが入っているからやね~」とか。

おはようございますオノウエです。
今回はお家で使う洗剤に関してのマメ知識としてクリーニング屋が書いて見ました~♪

 

表示のポイント部分の一部を見れば使いたい洗剤の内容が分かります

画像の赤線の部分が主にお洗濯に関係しているポイントですので、洗剤の購入時には是非参考にして見て下さいね。

用途:綿・麻合成繊維

コチラの表示は大体「綿・麻・レーヨン・合成繊維用」か「毛・絹・アセテート用」の2つになります。
両方書いている場合は両方の生地を洗う事が出来ます。

液性:弱アルカリ性

液性は「弱アルカリ性」と「中性」と「弱酸性」があります。
弱アルカリ性は主に綿・麻・レーヨン・合成繊維用で洗浄力は高いです。
中性は綿・麻・レーヨン・合成繊維・毛・絹・アセテート全部OKで洗浄力は普通です。
弱酸性は毛・絹・アセテート用で洗浄力は低いです。
そんな感じで覚えておいて下さいませ。

成分:界面活性剤

界面活性剤以外の成分の配合にもよりますが、%が多いほど洗浄力が高いと思っても良いと思います。

成分:漂白剤

漂白剤が配合されておりますと黄ばみ等を落とす効果があると言う事です。

成分:柔軟剤

柔軟剤が配合されておりますのでお洗濯後に柔軟剤を使用しなくても大丈夫と言う事です。

成分:蛍光増白剤

配合率は最大で0.3%ほどだそうで白い衣料をより白く見せる為に入っています。
白い衣料には最適ですが黄色や赤色を見えにくくするので色柄物には適していません。
お洋服の中には無蛍光洗剤をお使い下さいとの注意書きがある製品がありますので、表示に注意する事をオススメ致します。

ポイントを押さえて洗剤の能力を引き出しましょう

この表示を主に押さえておけば組み合わせ次第で洗いたいお洋服に合わせた洗剤を購入する事が出来ます。
是非とも参考にして見て下さいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。