墨が付いた時には始めの第一歩目の処理のやり方が非常に大事なのです

墨汁の素は水に溶けない細かい炭素の微粒子なのです

はい、

っていきなり炭素の微粒子とか言われても分からないですよね(笑)
要するに水には溶けないカーボンやススが墨汁の原料なんです。

ですので、この細かい水に溶けない黒いのが生地に使ってある糸の隙間に入り込みます。

糸は一本一本が細い糸を紡いでありますので、その中に黒いのが紛れてしまうと中々取る事が出来なくなってしまうんです!

おはようございますオノウエです。
大体の黒い汚れは水には溶けないカーボンやススなので、最初のしみ抜き処理で弾き飛ばしてしまわないと取れにくくなるのです。

でも、まずは何とかして墨を取ろうとしてお家でアレコレと試しちゃいますよね。

その時に「あっコレムリ!」って感じたら直ぐに触るのをヤメて、シミ抜きの出来るお近くの信用のおけるクリーニング屋さんにお願いいたしましょう!

 

 

お家で無理やりに取ろうとしてしまうと傷になったり目寄れを起こしたり致しますので、しみ抜き料金が別に掛かりますが大事なお洋服でしたら早めにシミは取っておきましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。