お洋服の色は時間の経過や洗浄処理をした場合に色が取れる事はあります

汚れている状態が長いと色が劣化してしまいますのでご注意を

はい、最近ではお家のお洗濯でウールはもちろんの事、シルクのセーターもご自分で洗われる方も多いのではないでしょうか?

色というのは糸や生地から染めている物(染料)と、後から上に塗っている(顔料)物との2種類があります。
そのどちらも条件によっては色が落ちる可能性はあります。

色が落ちる原因は、生産時に生地や糸に色がしっかりと定着していない状態だったりする事や、着用して汚れているお洋服、もしくはシミのついたお洋服をそのまま洗わずに時間が経ったりしている場合です。

生産時の品質の問題はどうしようもありませんが、もともとしっかりとお洋服に色が定着していても時間の経過や過度の洗浄処理をした場合にも色が取れる事はあります。

そして、最近では基本的にほとんど色落ちがしないと思われているポリエステルで出来たお品物でも色が落ちる事があります。

お洗濯していた場合でも完全に取り切れなかった汚れが付いたままですと色に影響致します。
その事から考えると、汚れやシミはそのままにしておくと色が弱ってしまうんですね。

おはようございますオノウエです。
ですので古いシミを取ると、大概の場合は色が劣化しているので色も薄くなったり無くなったりいたします。

そんな時には特殊技術で直すしか方法が無くなってしまうんですね~。

ええ。
その特殊技術でほとんど直ります。
「色修正(いろしゅうせい)」って言います♪

お気に入りのお洋服なら誰もが長く着たいですもんね。

 

 

色が抜けてしまったり薄くなっても色修正で直せます、これならまだ着用出来ますよね。
そんな時にはご相談下さいませ~♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。